ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(8月11日~8月18日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー・VTuber)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

ARで魅せた、電脳少女シロ生誕祭

電脳少女シロ生誕祭(ニコニコ動画)
電脳少女シロは、8月12日で活動1周年を迎えました。現在活動しているVTuberの中では、かなり早い方です。彼女の生誕祭がニコファーレで、日をまたいで行われた様子を見ることが出来ます。

かなりネタが詰め込まれたイベントでしたが、ニコニコ動画で見た時最大のサプライズは、AR技術で実際にシロがその場にいるような映像になっていること。肌や衣装の質感のみならず、床の映り込みや影まで完璧です。

上の写真だと、シロと「シロ組さん立て札」がARで作られたCGで、後ろのばあちゃるは実物です。これはリアルの「シロ組さん立て札」を電脳世界に入れたら、ARでみんなの前に現れた、というシーン。

ニコファーレの観客席からはAR部分は直接見えておらず(横のモニターに映っていたそうです)、後ろにある巨大ディスプレイをみんなが見ている状態でした。そのため、ファンのシロ組さんをCGのシロが「ぱいーん(パンチすること)」する時、観客がARにあわせるため推測で動く、というユニークな映像が見られます。
 
かなり長い間、VTuberが全然居ない中登録者数も増えず、めげずにこつこつ毎日投稿しつづけてきたシロ。彼女をシロ組さんの応援が支え、VTuberの仲間が増え、一歩ずつ前に進んでいったこの1年の苦労と感謝を、とある観客参加型のネタで見せています。動画後半にあるので、ぜひ自分も参加しているつもりで見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=fuN7imTeYdA

(8月12日)
 
ラスト、シロが感謝の気持ちを込めて披露したのが、「君の知らない物語」でした。本編ではAR技術で、リアルに舞台の上で歌っている様子を見ることが出来ます。これはもう、アイドルだ!
終了後すぐに公開されたのがこの動画。歌自体はイベントの時そのままです。

映像を作ったのはニコニコ動画でPVレベルのMAD動画を作っているoxxo氏。「バーチャルYouTuber達がサイコパスと化したようです」「シロちゃん・馬P・アイドル部がブリーチOPで卍解する動画」などが有名。今回の「君の知らない物語」もシロの1年の歩みが見える、非常に手の混んだ動画になっています。どのカットがどの動画だったのか考えるだけでも、泣きそうなシロの声との相乗効果で、グッときます。

https://www.youtube.com/watch?v=5Yk3CXqg9Ww

他のVTuberからも数多くの祝福の声が届いていました。イベント中だと、お互い辛い孤独な下積み時代を戦ってきたキズナアイからの言葉は、かなりくるものがありました。

別途アップされたものの中で、ゲーム部の桜樹みりあのアップした「シロ先輩面接」は、彼女のシロガチ勢っぷりが伝わるものでした。かなりコアな「シロ語録」までモノマネしており、みりあが心底シロが好きなのが伝わってきます。最後、みりあ本人が描いたシロのイラストがあるので、お見逃し無く。

10分で森中花咲を理解しろ!~配信版~

https://www.youtube.com/watch?v=-IPlL92eH-o

(8月18日)

にじさんじ二期生・森中花咲が行ったのは、10分だけの生放送。ミニドラマ、4コマ漫画、トーク、声劇、ゲーム実況など、VTuberお馴染みの企画を10分で全部やる、という今までに無かった企画。それを思いつくのもすごいし、下準備をがっつり仕込んでいるのもすごい。めちゃくちゃ濃いです。

ゲストとして月ノ美兎が登場。演劇やゲーム二人プレイを超スピードで行い、楽しませてくれます。特にエンディングはあまりにも完璧。エンターテイナーとしての企画実行力を見せつけてくれます。

「10分でわかる○○」のような編集動画を、リアルタイムでやってしまう、という荒行。背景やテロップがガンガン変わるのはもちろん、4コマでは画面に漫画が出てきますし、ゲーム実況でもすばやく画面配置されます。タイムキープはほぼバッチリで、疾走感にあふれています。

森中花咲は普段のトーク番組「悪いコNight」やコラボ配信など、配信での企画に長けたVTuber。同じ様に配信にネタを仕込むのが得意な月ノ美兎とは、お互いをリスペクトする関係なのを以前から配信などで話していました。そんな2人の初コラボが、まさかの10分配信。声のみで剣持刀也も参加しています。

洒落にならないくらいハードな配信だとはわかってはいますが、これはぜひ2回目3回目と見てみたい。無茶な切り替えができる(アバターが変わるなど)あたりも、VTuberならではの配信です。
なお月ノ美兎はこのコラボの前に、オフラインイベント月ノ美兎の夏休み~課外授業編~を行っています。彼女がハードスケジュールを乗り切っていることを微塵も見せず、見事に森中花咲と息を合わせ、演者に徹した立ち回りも見事です。

夜の姫の裏側・・・教えます!

https://www.youtube.com/watch?v=BlrvhCicbrg

https://www.youtube.com/watch?v=C_EEWIuEOI8

バーチャル花魁の由宇霧は、トークの際に募集している質問マシュマロにNGをかけない、という大胆なVTuber。花魁として性的な質問を、ガンガン受け付けています。一応声に出して読めないものはあるので、「お〇ん〇ん→御子息」などの読み替えをしているくらい。

彼女の配信では、ほとんどシモネタ的な笑いは起こりません。というのも来た性的な質問に対し、持っている知識と知恵とポジティブな思考で真面目に返しているからです。だからこそ、視聴者も面白半分な質問はあまりしてこない。どの質問も真面目です。あそこが小さかったりかぶっているのはどうなんだろう、風俗嬢に恋愛してしまったらどうしよう、などなど。由宇霧のトークは誠実で柔らかい話し方なのもあり、上品な配信になっています。

「シュガーソングとビターステップOFF(全部美兎)」との熱いセッション

月ノ美兎が以前出した「シュガーソングとビターステップOFF(全部美兎)」。ボイスパフォーマンスというかなんというか、聞いていただくのが早いと思います。音程とリズムがとっちらかっていて、驚異の集中できなさ。

数多くのVTuberたちが、全部美兎カラオケに挑みました。結果としては「上手ければ上手いほど、音が合わず大変なことになる」という感じ。その中から、全部美兎とのセッションに独自のやり方で挑んだ人をピックアップ。

https://www.youtube.com/watch?v=mkjBx9kx7N4

周防パトラはかわいらしい歌い方で挑むものの、やっぱり全部美兎の主張の強さに勝てない。かと思いきや後半はまさかの「オリオンをなぞる(全部美兎)」に。もちろん本人はそんなオケ作っていないので、いわば美兎音MAD。音程が完璧に調節されており、まさかのセッション大成功です。

https://www.youtube.com/watch?v=zG00dxyqZos

バーチャルチェロ奏者せいらんは、チェロを弾く珍しいVTuber。全部美兎にチェロで挑みます。早めの曲なのにきっちり音とリズムをおさえ、演奏はとても上手い。問題は、だからこそ、全部美兎と噛み合わない。「収録中気が狂いそうでした。」というコメント、分かる気がします。

https://www.youtube.com/watch?v=gQRMfUHJsy4

さはなが全部美兎に挑んだ方法は、アニメを再現するというもの。元々「血界戦線」のエンディングだったこの曲にあわせ、今まで作ってきたモデルを駆使して再現。非常に手間のかかっているユニークな動画ですが、全部美兎のリズムが噛み合わないのはどうにもならないので、地獄絵図になっています。

【歌ってみた】サンドリヨン / ときのそら & バーチャルゴリラ

https://www.youtube.com/watch?v=zsBD66Sa5Yg

(8月14日)
ここしばらくコラボや音楽活動などを精力的に行っているときのそら。先週もこのコーナーで取り上げましたが、今週アップした曲でもびっくり。コラボ相手はまさかのバーチャルゴリラ。男性ゴリラVTuberとして歌動画をアップしていた彼ですが、よもや女子高生ときのそらとデュエットすることになるとは。双方のファン騒然、「美女と野獣」と称する声が飛び交いました。
 

ソプラノのときのそらと、バリトンのバーチャルゴリラ。2人のハーモニーは見事にぴったり。ときのそらの音楽動画は、編集(担当はそらの友人Aちゃん)も非常に凝っていて見ごたえがあります。

ときのそらが男性ボーカルとコラボしたのは初です。今回のコラボは、彼女の音楽活動に大きな幅を持たせていきそうです。

【002】バーチャルとかいなかについて!ほか【Vtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=ZZNldd__SvA

(8月13日)

江路ねこのVTuber活動開始は、一部の人をびっくりさせました。このキャラクターは元々えろねこさんという名前で2005年にイクヰロン氏が誕生させた、看板娘的なオリジナルキャラクター。pixivを中心に多くの人に愛され、2009年の同人誌「えろねこさんアーカイヴ」では111人がえろねこさんを描くという大規模な企画まで行われたほど、オリジナルキャラとして多くの人に知られた存在でした。なおR18での活躍が多いので、検索の際はご注意を。

そのえろねこさんが、「江路(えのみち)ねこ」と名前を変えてVTuberとして始動。なぜ名前が変わったのかは動画の中で語られています。
pixivやニコニコ動画で活躍していたクリエイターが、自分の表現の新たな手段としてVTuberになっていく現状は、とてもワクワクさせられます。

Grapefruits – サイネリア [Music video]

https://www.youtube.com/watch?v=ildqB5-UYRA

(8月15日)
じーえふ氏は、ちょっと変わったバーチャル活動をしている、というのを知った上で見ると面白い動画なので、まず簡単に説明。

彼は以前、白ワンピースにオレンジ色のツインテール「22歳女子大生じーえふ」としてをアバターを使っていました。動画で一回だけVTuber活動をして、そちらは引退。そのアバターの魂になってVTuber活動したい人を公募し、オーディションの結果決定したのが、バツイチ子持ちで「我が子ー!」が耳に残る、通称・「じーえふママ」。
今回の動画で、全く別に作ったショートカットにパーカーの「じーえふ(通称・目付きが悪い方)」が別のVTuberとしてデビュー。同時に、実写の「じーえふ」氏も別人格として登場し、別個の存在だと明言。

「じーえふママ」「目付きの悪い方」「じーえふ氏」と3人の「じーえふ」が並行して同時に存在している、という活動をしています。

今回のMVは、ボーカル「じーえふ(目付きの悪い方)」、音楽「じーえふ氏」のユニットという構造です。

今回の「サイネリア」はかなりエモーショナルな曲。次第に色づいていく映像も美しい。色々な捉え方のできる歌詞ですが、「生きる事に飽きてしまったら どんな幸せがあるだろう」の一文は、バーチャルとリアルのあり方が練り込まれているかのよう。

【グリッチ食レポ】96年製砂嵐を食べてみた!【Glitch food review】

https://www.youtube.com/watch?v=TXEr_THxEh4

(8月15日)
ぐりっちぃは、「グリッチ」系VTuber。ざっくり言うと「バグで画面表示に異常が起きること」です。なのでぐりっちぃは毎回ぐちゃぐちゃ。セリフもバグっているのでシュール極まりない映像に。

今回は「グリッチしている食品をレビュー」という、形容のし難い動画。食べているのは96年製の画面の砂嵐です。おいしいんだろうか。弾力と旨味成分はあるらしい。

ショートコント動画やアイコンを見ると、どうやらこのチャンネルのVTuberたちの本来の姿は、かなりかわいいっぽいぞ……?でもこれがクリアに見えたらグリッチ系じゃなくなりますもんねえ。Twitterの発言がところどころバグっちゃっているほど、凝ったVTuberです。

アイドル部の「箱推させ力」の話をしよう【佐藤ホームズの考察】

https://www.youtube.com/watch?v=sEMO22CztEU

(8月16日)
電脳探偵事務所佐藤ホームズは、VTuberに起きた事件を追っているバーチャル探偵。普段は毎週3分でわかる!今週のVTuber界」という調査レポートを作成。きっちり3分で重要なVTuber界隈の動向がわかるので、忙しい人に非常にオススメ。

今回は「.LIVE」のアイドル部12人についての考察。アイドル部のファンは単推しよりも、箱推しが多い傾向にある。なぜか? 彼女たちの活動で行われている事実を分析、考察しています。全くアイドル部を知らない人でも、ここまで運営側が色々やっているんだ、というのを見るだけでも面白いので、必見です。

小山内めいとミソシタ、奇妙な邂逅

先日発売されたアルバムがオリコンでデイリー3位に入ったミソシタ。マンガ家デビューをした幼稚園児の小山内めい

https://www.youtube.com/watch?v=QnzKUuLfzWY

お父さんが帰ってこない小山内めいが、誰かに相談できないかと悩むところからスタートします。彼女の人生実はしれっと重い。小山内めいがミソシタに相談ビデオを送ったのが発端でした。

https://www.youtube.com/watch?v=4Bq7AEImiWQ

その相談を受け取ったミソシタ。幼稚園児に対して個室ビデオやらオッパブやら、あかん言葉をガンガン返します。

ここから先はリンクを貼っておきます。順番に見てください。
【怒り心頭】ミソシー、めいは怒っています(小山内めい)
『ミソシタ#25』チビッコが怒ってる(ミソシタ)
【奇跡会見】宇宙の果てで待ち合わせ(小山内めい)
『ミソシタ#26』どうした ミソシタ!?(ミソシタ)

最後の、小山内めいとミソシタの順は不明です。往復書簡形式のコラボはおそらく初。5日間かけて行われました。

ファンとして一番気になるのは、小山内めいが以前ミソシタの曲ミッドナイト・ファイティングブリーフをリスペクトした動画を作っていたこと。これはポエムコアコラボもありうるか?

https://www.youtube.com/watch?v=0oCIRxBGgPc

オススメ動画過去記事

この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(8月4日~8月10日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(7月28日~8月3日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(7月20日~7月27日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(7月14日~7月22日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(7月7日~7月13日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(6月29日~7月6日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(6月22日~6月29日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(6月16日~6月22日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(6月8日~6月15日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(6月2日~6月8日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(5月26日~6月1日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(5月18日~5月25日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(5月12日~5月18日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(4月28日~5月4日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(4月21日~4月27日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(4月14日~4月20日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(4月7日~4月13日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(3月31日~4月6日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(3月24日~3月30日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(3月16日~3月23日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(3月9日~16日)
この動画がすごい!今週のおすすめバーチャルYouTuber動画(3月1日~8日)

Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR/AR/MR ビジネスEXPO TOKYO

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

たまごまご

たまごまご(@tamagomago) ライター。エキレビ!、ねとらぼなどで書いてます。「仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! 」など、本出してます。女の子が殴りあったり殺しあったりするゲームが好きです。

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集