ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(4月21日~4月27日)

日々増えていくバーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー・VTuber)。全部追うのはなかなか大変。このコーナーでは、独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

【参戦募集!】Vtuberが戦う格ゲーを作ってみた【VtuberFighters】

https://www.youtube.com/watch?v=K32ACvIHHxc

おめがシスターズが、格闘ゲーム「VTuberFighters」を制作。VTuberファンのみならず、格闘ゲームファンからも注目を集め、Twitter等でとても話題になっている真っ最中です。

Unityのゲームエンジンに、おめがレイおめがリオと、エイプリルフールに登場した「おめがレリオ」の三体のモデルを乗せて、動かしています。

無料配布されており、ダウンロードすればすぐに遊べます。操作は小・大のパンチとキック。前に入れながらで、特殊技が出ます。コンボが入れやすく、爽快感は抜群。飛び道具やパワーアップゲージもあります。投げは未実装。

現在参加してくれるVTuberを募集しているとのことですが、既に応募があるそうで、配布先では「Vtuber用の3Dモデルがある」「動画投稿、もしくは動画配信をしている」「YouTubeチャンネル登録者数1000人以上」という参加条件が設定されました。

VTuberファンなら夢のようなゲーム。多くのVTuberが参戦してコラボしていったら、そのたびに楽しくなりそう(ゲームバランスとかは別として)。今後このようなノリで、カードゲームやシミュレーションゲームなどもしてほしい。このスタイルだと、VTuber本人側から参加希望を募れるので、権利的にクリアなのがいいですね。

【#00】魔法少女、先生に怒られる。

https://www.youtube.com/watch?v=y2BXq13cIO0

(4月21日)

天音マホが公開したティザームービー。音楽、背景CG、ナレーション、エフェクトなど、まるで「ハリーポッター」の映画のような、世界観の作り込み!

魔法の国が舞台。多くの少年少女が魔法使いになるために修行に励んでいる世界。落ちこぼれの天音マホは、規律によって人間界に追放されてしまう……という内容。

がっちりストーリー性を持たせ、背景設定も決まっているVTuberが誕生してくれそうです。

【カウントダウンエレメント】最新!人気の元素ランキング★【バーチャルYouTuber】

https://www.youtube.com/watch?v=BN74NWisLIM

(4月22日)

真空管ドールズフェルミのチャンネルでは、超独断と偏見で選んだ「人気の元素」をランキング化しています。何がどういう人気なのか。

ランクインした「ニホニウム」などの元素を五種類とりあげ、どういう元素なのか、なぜ選ばれたのか(フェルミ一人によって)などを解説。自分勝手極まりないのが面白いランキングではありますが、解説内容と、画面に入る鋭いコメントはちゃんと勉強になります。

真空管ドールズ」は元々はスマホアプリゲームでしたが、今年の1月に終了。その中から、主人公の妹的立ち位置で、かつ自由奔放なキャラクターフェルミが抜擢されて、VTuberとなりました。偉人紹介のような科学的内容と、ネタ動画がごちゃまぜになって配信されているチャンネルになっています。

【全部私の声】POP TEAM EPIC / 上坂すみれ

https://www.youtube.com/watch?v=Gq1kWBROtXU

(4月22日)

バーチャル執事Ceciliaが今回カバーしたのは、「ポプテピピック」のOP「POP TEAM EPIC」……なのですが、「歌ってみた」とはちょっと違う。楽器もリズムもハモリも全て一人で録音して重ねた、アカペラになっています。

動画の作りもまた凝っており、ボイパ担当は手で口を覆っていたり、原作の空気感再現のために一部のキャラが回転したりと、見ていて飽きない。
Ceciliaは他にも「KarakuriSpirits」「柴又」などもカバー。

特に多くの人がカバーしている「柴又」は、原曲がサンプリングミュージックで、どう一人で音を出して再現しているのか見ていて不思議。いや、そこがわからないからこその、バーチャルアカペラ。必見ですよ。

#03 私の住む世界と、これからの活動についてのお話

https://www.youtube.com/watch?v=k6IKC5TJO1E

(4月21日)

松戸おとは、音MAD(色々な動画から切り抜いた音を組み合わせることで作られる動画)をメインに扱うVTuber。

タイトルだとわかりづらいのですが、今回の動画は自己紹介を全て、あらゆるVTuberのセリフから切り抜いてつなぎあわせてしゃべっているという、途方もない労力のかかっているもの。つまり本人は一言もしゃべっていない。

抜き出されているのは、VTuberファンなら知っているセリフも多いので、どこまでわかるかチェックするだけでもとても楽しいです。

彼女が裸なのは、電脳空間から取っているからだそうです。君はげんげんか。

MAD文化の職人たちが、じわじわとVTuber界隈に進出、音MAD VTuberが増え始めています。VTuberは「何でもできる」のが魅力の一つなので、音楽やMAD、動画編集系で活躍している人たちにガンガン参加して、技術を発揮してもらいたいところです。

ちなみにニコニコ動画ではVTuberを題材にしたMADがもりもり増えており、そこからVTuberを見始めた人が多かったり、VTuber側もそれを見て話題にしている、という独特の関係は興味深いところ。

バーチャルYouTuber有栖川ドットと武闘家たち【冒険#04】

https://www.youtube.com/watch?v=usdqwUEFy10

(4月22日)

有栖川ドットが公開したのは、お嬢さまが某なんちゃらファイター的な世界に紛れ込む、というドット絵によるストーリー。格闘世界の中でお嬢さまは生き残れるのか…? 格闘シーンの擬音は全部声で再現しているのが楽しい。

背景も含めて、ドット絵がまあよく動くのなんの。細かいネタまでパロディとして盛り込まれているので、探してみて下さい。

「ドットチャンネル.」ではその他にも、横スクロールアクション上から見るタイプのRPGなど懐かしのゲームパロディをドット絵で描写。その中に有栖川ドットお嬢さまが入り込んで社会勉強をする、というドットアニメーションを公開しています。ゲーマーならニヤニヤすること間違いなしなので、全部オススメ。チャンネル登録の画面が毎回これまたドット絵描きおろしなのは、正直感服するばかり。

最近は他にも「ピコのピクセルBOX」や「VTuberヒヤ」「ピクセル子」など、ドット絵VTuberがじわじわ増えています。

『バーチャルYouTuber声優の卵』の『自主制作アニメ』

https://www.youtube.com/watch?v=Cg5Yf7ljR3E

(4月22日)

今回の動画は、バーチャル声優の卵YouTuber天野声太郎が、今をときめく大人気声優になって、3DCGのSFアニメのCVを当てている、というもの。

SFアニメ部分の作り込みがものすごい。これだけで一本の自主制作アニメとして見ごたえがあります。宇宙船、ロボット、搭乗するキャラクター。かなり手がかかっています。

オチまで含めて面白い。というかSFアニメの方の続きが見たいんですが! 声優が題材なので、「劇中劇の劇中劇」というややこしい状況を演じているのも見どころ。

天野声太郎はこれまで、貧乏声優の卵として即興劇なども行っています。今回のようなキャラクター性をいかした動画、もっと見たいところです。

【09】立体機動装置を物理演算で作ってみました

https://www.youtube.com/watch?v=lBS8W5ubaEo

(4月21日)

物理演算動画を得意とするニーツちゃんねるでは、「進撃の巨人」に登場する立体機動装置をバーチャル世界に制作。ワイヤーで移動できるのかを物理演算で実験しています。まあ結果としては、制御できずぶん回される一方なんですが。

攻撃しているのは、VTuberオッドアイ(145m)。ニーツはワイヤーに引っ張り回されて首が大変なことになっているものの、下からパンツを覗いたり胸に挟まったりと、命がけの高度なセクハラみたいになっています。

ニーツの動画の多くは、3Dの舞台を制作して物理演算を組み込み動かす、という手の混んだことをしています。ただ、毎回最終的にガバガバ演算に振り回されてギャグになる、というオチがついているのが見事。「芸」としてしっかり昇華されています。

月ノ美兎の放課後ラジオ 30.4.23

https://www.youtube.com/watch?v=m60n_x8jdE8

(4月23日)

個人の配信で四万五千人を動員し、Twitterは日本でトレンド一位、海外でもトレンド入りという、とんでもない数字を叩き出したのが「月ノ美兎の放課後ラジオ」通称「みとらじ」。

リスナーは委員長の「彼ピッピ」の設定で、一緒にデートに行くシチュエーション。そのデート先は拘置所で、詩子お姉さんと面会をする、というもの。ネタのしょうもなさもさることながら、一回のラジオでここまで設定を練り込んでくるのがすごい。

ゲストの詩子お姉さんは、先日コラボの約束の日に委員長がノロウイルスにやられてダウン、延期になった際にBLゲーム(非18禁)を実況配信しました。ところがそれがYouTube側にひっかかってしまって、動画が削除され、しばらくYouTubeで生放送ができない、というペナルティを食らうことに。

今回はそれをうまく逆手にとって、詩子お姉さんの立場をネタとして昇華、二人のファンが笑える内容にしています。なかったことにするわけじゃなく全部芸にするのは、まったくもってエンターテイナー。

委員長が私服初公開だったり、かつてベルトコンベアで西野カナのCDにシールを貼るバイトをしていたり、詩子お姉さんが男装喫茶に勤めていたりと、話題盛りだくさん。濃密な二時間です。いいデートだった。

【DD×さはな】VTuberがいーあるふぁんくらぶ歌ってみた【コラボ】

https://www.youtube.com/watch?v=T3KsNcAKJjo

(4月26日)

中国の弟系VTuberDDと、日本のVTuber好きVTuberのさはなが「いーあるふぁんくらぶ」でコラボ。突然の公開で、VTuberファン騒然でした。
元々2人はTwitterなどでやり取りをしており仲良し。今回の歌の背景にも、2人の過去のやり取りが見られます。

さはな本人も、生放送でコラボの時の裏話をしています。

モデル本体ではなく、イラストと歌のコラボというのはちょっとめずらしい。特に「いーあるふぁんくらぶ」はニコニコ動画が好きだった人ならまず知っている名曲。ぜひともこのスタイルの動画、増えて欲しい!

DDは日本での人気を着々と伸ばし続けている最中。でも年末までに100万人行かなかったら爆発させられるようですが、大丈夫か……?

【ありがとう】未来への旅立ちの日に

https://www.youtube.com/watch?v=yIOX6MA4B7M

(4月26日)

富士葵がついにモデルチェンジ、旧モデルの雰囲気を活かしつつ、ぐっとかわいくなりました。その前日である26日は、旧モデルのお別れの日。彼女がアップしたのは「旅立ちの日」。卒業式に多くの人が歌ったであろう曲です。

この曲で泣いてしまったという書き込み続出。というのも、今までの道のりを織り込んだ演出が見事だったから。

富士葵はクラウドファンディングに成功し、今回のモデルチェンジを行いました。そのクラウドファンディングを始める前にアップした動画は、20年後、モデルチェンジできなかった富士葵の未来の姿でした。土地は荒れ果て、友達のキクノジョーに追われる立場になった彼女。

殺伐とした世界は、クラウドファンディング成功後に少し、晴れました。

今回、20年後の世界は何一つ荒れておらず、ひまわりが咲き乱れています。2018年の旧モデル最後の富士葵が、20年後の富士葵に向けてこの曲を録画。20年後の富士葵はそれを見つけて、合唱しました。これを見てから、以前の20年後動画を見ると、こみあげてくるものがあります。

富士葵は、あおい’sきっずも開設。今後は多岐にわたって活躍してくれそうです。

この記事を書いた人

たまごまご

たまごまご(@tamagomago) ライター。エキレビ!、ねとらぼなどで書いてます。「仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! 」など、本出してます。女の子が殴りあったり殺しあったりするゲームが好きです。

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集