デイリーランキング

NVIDIA、新GPU「super」を発表か? COMPUTEX 2019に注目集まる

業界動向

2019/05/24 19:30

VR業界マップ2019年版が公開 成長が顕著な分野は?

統計・データ

2019/05/23 11:30

グーグルがついに「Google Glass」の新モデルを発表、約11万円 法人向けに

テック

2019/05/21 12:30

ピクシーダストテクノロジーズ、約38億円を調達 網膜投影型AR技術など

投資

2019/05/24 11:30

足踏みするだけでVR内歩行ができる「WalkOVR」登場、クラウドファンディング中

テック

2019/05/24 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

オートデスクからマルチプレイ可能な建築向けVRツール Questにも対応

3DCGソフトウェア「Maya」等を提供するAutodeskは、VRを利用した3D建築モデルのInsiteVRと共に、マルチユーザー対応のデザインレビューツールをリリースしました。チームメンバーや顧客はVR空間内で建築物等の3Dモデルを確認し、設計段階で必要な変更点や問題点をスムーズに発見できます。

建築業界向けツールのInsiteVR

InsiteVRは、建築業界向けにVR空間でコミュニケーションを行うツールを提供しています。3Dモデルをチームメンバーで確認し、事前に問題の発見、解決を進めることを目的としています。VR内で行うため、会議のための移動やモックアップ作製の手間を省けることがメリットです。

また従来の2Dの図面と比較し、より対象を的確に捉え、メンバーが同じ理解レベルに到達できることも特長と言えます。

同じVR空間でモデルを確認

今回のツールは、施行管理ソフトウェアAutodesk BIM 360とInsiteVRの技術を統合して制作されました。オートデスク社の建築業界向けプラットフォームを利用したサービスとしては初の、複数人がVR内でモデルの確認を行える商用ツールです。

ユーザーは画面をシェアするのではなく、VRヘッドセットやデスクトップPCを利用して同じ3D空間に集合。建築モデルの確認を行えます。

動作するデバイスはHTC Vive等のPC向けヘッドセットに加え、5月21日に出荷開始するOculus Questへの対応が決定済みです。ワイヤレスでVR空間を動き回ることが可能なため、より快適な操作が実現します。


InsiteVR Integration Overview

パートナーの技術と自社のツールを統合

この他にも、オートデスクはAPIプラットフォーム「Forge」を提供しています。ForgeはWebブラウザ上でCADデータを操作できるツールで、WebVRにも対応しています。デベロッパーは自社で制作したデータを、Forgeを使いVR表示すること等が可能です。
Forgeにより、オートデスクはInsiteVRのようなパートナーの技術と自社のツールを組み合わせ、クライアントの利便性向上に貢献しています。

建築業界向けのVRソリューションとして、MoguraVRでは他にも下記のような事例を紹介しています。

マルチユーザーVRのNVIDIA Holodeckで変わる米国建築デザインの今と未来

マルチユーザーVRのNVIDIA Holodeckで変わる米国建築デザインの今と未来

MoguraVR

3Dデータを手軽にVR出力する「SYMMETRY」製品版発売

3Dデータを手軽にVR出力する「SYMMETRY」製品版発売

MoguraVR

HoloLensで建築デザインを3D表現 議論検討やコスト削減に活用

HoloLensで建築デザインを3D表現 議論検討やコスト削減に活用

MoguraVR

(参考)Autodesk


【PR】
VRでなければ伝わらないメッセージとは? 大学教授もお墨付き「避難訓練VR」


VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

イギリス政府、AR/VRコンテンツ制作に約5億円超を投資

2019/05/08 11:30 投資

VRでプレイヤーに自ら反応するAIバーチャルキャラクター

2019/05/08 11:30 テック
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集