ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.02.26

HoloLensで建築デザインを3D表現 議論検討やコスト削減に活用

株式会社ハニカムラボは、マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」を用いた建築業界向けソリューション「ホロスケ」の開発を発表しました。「ホロスケ」では、3Dモデルの設計デザインを見ながら複数人でプランの確認・検討を行えます。

「ホロスケ」は株式会社ハニカムラボと株式会社ストレートによる共同開発。本ソリューションを利用することで、複数人でのリアルタイムな議論・検討やコスト削減など、建築模型を確認する手法への新たなアプローチを図る、としています。

「ホロスケ」では、まるで目の前に建築模型があるかのようにして確認が可能です。これにより、従来の3Dモデルデータでは理解しづらかったビジュアルイメージなどを分かりやすく把握できます。また、3Dモデルの表現だけでなく、ビジュアライズされた日照・温度・気流のシミュレーション結果もチェックできるなど、様々な機能を備えています。

そのほかにも3Dモデルを複数人で確認する際、各自の視線や見ている位置がマーカーが表示・可視化されるため、リアルタイムで議論しているポイントを明らかにできます。

HoloLensで表示される3Dモデルは場所を選ばずに利用できるため、従来のように建築模型用のスペースを確保する必要もありません。「ホロスケ」はパース用やBIM用といった3Dデータを活用して制作できるため、プレゼンコストの削減も期待できるとのことです。

「ホロスケ」の主な機能は以下のとおりです。
・複数人での3Dモデル確認
・モデルの移動
・モデルの拡大縮小(会議テーブル上でのサイズ~実際のサイズ 1/1スケール)
・各フロア単位の確認
・断面確認
・位置を特定するピンの付与、音声メモ(協議結果をデータ内に残す)
・日照/温度/気流シミュレーション
・天候シミュレーション


(各フロア単位の確認イメージ)


(断面確認イメージ)

(参考)株式会社ハニカムラボ プレスリリース

Mogura VR主催 イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集