デイリーランキング

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

開発

2019/02/14 12:00

悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

ビジネス活用事例

2019/02/14 11:30

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

マイクロソフトが小型ARデバイス特許公開、Oculus Riftアップグレード版登場か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/12 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR業界マップ2018年最新版が公開、大企業による取組進む

VR/AR投資ファンドであるVenture Reality Fundは、2018年上半期におけるAR市場の動向を示す業界マップを発表しました。

この図はAR業界を大きく3つの分類で分けたものです。3段あるうち、最も上の段がソフトウェア/サービス(Applications)、中段がミドルウェア/プラットフォーム(Tools/Platform)、下段がハードウェア(Infrastracture)となっています。

Venture Reality FundのTipatat Chennavasin氏によると、今年に入ってからVR/AR分野への総投資額は10億ドル(約1,100億円)を超えており、市場の成長は力強いとのこと。「直近ではARがより注目を集めていますが、VRとARの投資案件はほぼ半数ずつです」と語っています。

AR開発ツールが続々登場

この1年間の特徴として、大手企業をはじめとする各社から、AR(拡張現実)体験を豊かにするための開発ツールが続々と発表されたことが挙げられます。昨年6月に発表されたアップルのARKit、グーグルのARCoreを筆頭に、Snap社やフェイスブックもAR機能開発ツールを発表しています。

ゲームエンジンのUnityはプログラミング不要のAR開発ツールを公開しており、他にもWebでVR制作を行えるSumerianをリリースしたAmazonや、AR事業の本格展開を発表したAdobeが新たな顔ぶれとして名前を載せています。

スタートアップではARクラウドのBlue Visionが約15億円の資金調達を行い、注目を集めました。

”ソーシャルAR”が新たな分類に

昨年7月に発表された業界図と比較すると、「コンシューマー」の分類から「ソーシャル」が独立しました。スナップチャットフェイスブック、Instagramといったソーシャルサービスが、こぞってAR機能を強化している点からもその勢いはうかがわれます。例えばスナップチャットの提供する、機械学習と背面カメラを活用したARレンズ機能は、毎日平均3分間視聴するユーザーが7,000万人も存在するとのこと。

ゲームアプリなどが目立ちがちなAR市場ですが、東芝と提携するVuzix広視野角のARデバイスを開発するDigilensといったエンタープライズ向けのデバイスメーカーも動きを活発化させています。参入企業が増え、ますますこの市場は活気づきそうです。

(参考)VRFocusVenture Reality Fund(AR Industry Landscape)
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

スマホで骨格やジェスチャー認識、米ARアプリ企業が8億円調達

2018/07/17 11:30 投資

スマホで3Dアバター作成・配信、VTuberに 新アプリが事前登録開始

2018/07/17 11:30 VTuber 最新ニュース一覧