デイリーランキング

スナップチャットの“性別を変えるARフィルター”が大ヒット

AR/MR

2019/05/15 18:30

ハニーストラップの蒼月エリが活動引退を発表 引退配信は5月21日に

VTuber

2019/05/20 11:13

iPadで書いたメモを空中にぺたり 画面から取り出してARで張り付ける

AR/MR

2019/05/18 12:00

にじさんじ、キャラ先行公開方式のバーチャルライバーオーディションを半年ぶりに開催

VTuber

2019/05/13 17:08

【Oculus Quest】発売時に遊べるゲーム・アプリ全58本まとめ(2019年5月20日更新)

Oculus Quest

2019/05/02 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

iOS12のAR機能「ARKit 2.0」の新機能とは? 何ができるのか紹介

アップルは、2018年6月4日に開催された開発者イベント「WWDC2018」において、同社の最新のソフトウェア「iOS12」を発表しました。iOS12の一般向けリリースは今秋に提供予定。ARプラットフォーム「ARKit」のアップデート「ARKit2.0」が搭載されており、AR関連の機能がより強化されています。

本記事では、iOS12のAR機能に含まれる新機能や変更を含め、何ができるようになるかをまとめて紹介します。

目次

ARのマルチプレイが可能に
ARオブジェクトの再利用が可能に
イメージ認識やトラッキングサポートが拡大
公式「メジャー」アプリが登場
AR向けフォーマット「USDZ」に対応
アップデート版「Animoji」や「Memoji」も登場
「ARKit2.0」のサポートはiPhone6S以降

ARのマルチプレイが可能に

「ARKit 2.0」では、複数のユーザーが同一空間でAR体験を共有できる「シェアリング機能」が搭載されています。これにより、友達と同じゲームを同じAR空間内でプレイしたり、一緒にプロジェクトを進めたりといったことが可能になります。加えてデベロッパーがアプリに観戦モードを追加すれば、友達や家族のiOS端末でのAR体験を共有できるようになるとのことです。

ARオブジェクトの再利用が可能に

また、「パーシステントAR」機能により、ARアプリで一度利用したオブジェクトを空間に記録することが可能になります。これを利用すると、一度ARでオブジェクトを配置すれば、アプリを閉じて再度開いた場合も、同じ場所にオブジェクトが出現します。オブジェクトの再利用が可能になることで、パズルゲームを途中から続けたり、数週間に渡るプロジェクトの制作をやり直しせずに進めたりなどができるようになります。

イメージ認識やトラッキングサポートが拡大

ARKit 2ではイメージの認識とトラッキングのサポートが拡大し、おもちゃや彫刻などの3Dオブジェクトを認識できるようになりました。また、現実世界をARオブジェクトに自動的に反映できる機能が追加されています。これにより、仮想と現実が融合され、AR体験がいっそうリアルになります。

公式「メジャー」アプリが登場

2017年秋にARKitが登場して以来、多くのアプリが登場したジャンルが「計測用のメジャー」です。iOS12のリリースに伴い、正確にサイズを測定するためにアップル自身が公式の「メジャー」アプリをリリースするとのこと。自分で始点と終点を指定するだけでなく、写真の枠の大きさを自動で判定するなどの機能が搭載されています。

AR向けフォーマット「USDZ」に対応

「USDZ」は、ピクサーとともにARのための3Dモデルとアニメーションのフォーマットとしてリリースされる予定です。こちらのフォーマットには、Adobe社のクリエイティブツール・Adobeクリエイティブクラウドがネイティブ対応し、イラストレーターやフォトショップなどのアプリからUSDZフォーマットのファイルを書き出すことが可能になります。「画像や映像、テキストをすぐにARに出すことができる」とのこと。ほかにもAutodesk、Sketchfabなどが参加することを発表しています。

USDZフォーマットの詳細はこちら(PDF、英語)

アップデート版「Animoji」や「Memoji」も登場

Animojiは、iPhone Xに搭載された顔認識機能を使い、自分の表情を絵文字のキャラクターに反映させて表現できる機能です。iOS12では、幽霊やコアラ、ティラノサウルスなどが追加になるほか、舌の認識が追加され、舌を出す動作も反映されます。

また、全く新しい「Animoji」である「Memoji」も発表されています。こちらは、人間の顔をベースに髪や顔のパーツなどアバターを自作することができる機能です。「メッセージ」などのコミュニケーションアプリで利用できるほか、新たにメッセージのカメラやFacetimeで使えるようになります。FacetimeはiOS12より、最大32名でのグループ通話が可能です。

「ARKit2.0」のサポートはiPhone6S以降

iOS12の「ARKit2.0」や「USDZ」のサポートは、iPhone 6s以降、すべてのiPad Proモデル、iPad(第5世代)、およびiPad(第6世代)に対応します。リリースは今秋に提供される予定です。

プログラミング不要でAR開発、Unityが新機能

2018/06/22 12:00 未分類

Steamサマーセールで「FaceRig」半額! WebカメラでVTuberに

2018/06/22 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber ライブ配信予定表

バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集