デイリーランキング

Oculus QuestのVRゲームは“他を圧倒”、複数スタジオ回答

Oculus Quest

2019/09/19 19:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」予約販売開始、Oculusの技術トップが語るAR/VRの未来 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/09/17 08:00

ハンドトラッキングのLeap Motionが「Ultraleap」に。 “大きな前進を象徴”

業界動向

2019/09/20 19:30

VRヘッドセット「VIVE Cosmos」、指トラッキングをサポートか

VIVE

2019/09/17 19:36

若いころの思い出を……認知症高齢者向けVRセラピーが効果を上げる

活用事例

2019/09/20 12:15

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“強制退去”がテーマの没入型作品 体験を通じてメッセージ伝える

VR/AR/MR活用例の一つに、視点を自由に変えられる特性を活かし、他者の立場を体験して理解を深める、というものがあります。米国では、家賃を払えず強制退去処分に遭い、ホームレスとなった人々の立場を体験するコンテンツが登場しました。問題への理解、共感を深め、合衆国憲法へのシェルター権の追加も目指しています。

新たな視点を提供

”These Sleepless Nights(眠れない日々)”と題されたこのMRドキュメンタリー作品は、強制退去により住居を失った人々への関心を高めるために制作されました。Magic Leap 社とのパートナーシップを元に同社のMRヘッドセットMagic Leap Oneで体験できます。今後VRバージョンやスマートフォンへの展開も予定しています。9月7日までイタリアで開催される第76回ヴェネツィア国際映画祭にて公開されました。

コンテンツでは、家賃を払えない状況に至り立ち退きに合う人の立場を、非常に深くリアルに体験できる、としています。強制退去という問題に対して、体験者に新たな視点を提供することが期待されています。

100万ドルの資金調達が目標

プロジェクトのエグゼクティブプロデューサーを務めるEdward Saatchi氏は「このコンテンツはパブリックアートとして公開します。皆さん、他の誰かの人生を生きるのがどのようなものか体験できます。(強制退去の)問題を理解するには、共感が非常に大きな役割を持ちます。しかし実際にその体験をするのは、ごくわずかな人だけです」

コンテンツによると、2016年強制退去申請がされたのは235万人。そして230万人、1日あたりに換算すると6,349人もの人が、実際に立ち退きの処分を受けました。

強制退去に対し制作チームが目標とするのは、住居を基本的な権利として認める「シェルター権」を州憲法や合衆国憲法に追加することです。これに向けた訴訟を5つの都市で開始しようとしており、”These Sleepless Nights”を通して100万ドルの資金調達を目指しています。

個人でも、[email protected]にメールを送ることで今後のアプリ提供を受けたり、寄付を行ったりすることが可能ということです。


”These Sleepless Nights”のパブリック・アートとしての公開は、米国のサンフランシスコ、ワシントンDC、及びミルウォーキーで行われる予定です。iPhoneのアプリを通じて体験する内容になります。

性的マイノリティなど理解のコンテンツも

他者の立場を理解・共感する手段としてのVRは、下記のような事例を紹介しています。

VRで相互理解を促進 LGBTを"体験"し、考え、想像する

VRで相互理解を促進 LGBTを"体験"し、考え、想像する

MoguraVR

VRによる「共感力強化」、自閉症児や学習障害児の支援 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

VRによる「共感力強化」、自閉症児や学習障害児の支援 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

MoguraVR

VRで体験する性的・人種マイノリティの視点 理解を深めるツールとして注目

VRで体験する性的・人種マイノリティの視点 理解を深めるツールとして注目

MoguraVR

(参考)Venture Beat


【PSVR】注目の新作ゲーム・アプリ(2019年8月版)

2019/09/03 11:06 ゲーム・アプリ

街中で遊べる“MMO”ARゲームが登場か?英スタートアップが予告

2019/09/03 11:06 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集