デイリーランキング

どっちがカワイイ? VTuber vs コスプレイヤー、衣装対決!

VTuber

2019/10/22 11:38

大作VRゲーム「Asgard’s Wrath」Oculus監修のタイトルで最高評価に

ゲーム・アプリ

2019/10/21 12:28

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月12日~10月18日)

VTuber

2019/10/21 11:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

【MoguraVRでは、VTuber(バーチャルユーチューバー)に関する様々な情報を特集・掲載しています】

・毎週更新!おすすめのVTuber動画を厳選紹介
・VTuberの最新動向やビジネスが分かる厳選記事集
・バーチャルYouTuber 関連記事一覧


2019年5月に8,000人を突破するなど、VTuber(バーチャルユーチューバー)が増えに増えている昨今。はじめてみたい!という人は結構多いハズ。しかし、「3DCGモデルやLive2Dアニメーションを作るのは少しハードルが高い……」と感じている方も多いかもしれません。

そこで、今回は、

・VRHMDなどの機材がない!
・3D・2Dモデルを作るのが難しい!
・とにかくなにもわからない!
・とりあえずデビューしてみたい!

……という方向けの、簡単アプリをずらりとご紹介します。無料で使用できるソフト・ツールを多く紹介し、特徴・使用感・どのツールが誰におススメか?など、各ツールごとに紹介・比較していきます。VTuberの仕組み、やり方、なり方について気になる人は、ぜひチェックしてください。

目次

1.まずはこれ!スマホだけで簡単、お手軽VTuber
・REALITY(REALITY Avatar)
・カスタムキャスト
・SHOWROOM V
・エモモ(ミラティブ)
・パペ文字
・トピア
・ナカノヒトライブ
・MakeAvatar

2.PC向けVTuberモデル作成・配信ツール
・Vカツ
・VRoid Studio
・セシル変身アプリ

3.Webカメラとマイクで今すぐVTuber
・FaceVTuber
・Hitogata
・FaceRig

4.VRヘッドセットがあったらオススメ、便利なバーチャル空間制作ソフト
・カスタムオーダーメイド3D2
・バーチャルキャスト

5.その他、現在よく使われているVTuber動画作成ソフト・サービス
・VRChat
・cluster

1.まずはこれ!スマホだけで簡単、お手軽VTuber

VTuberモデル作成・配信ツールとして、スマートフォンのみでアバター作成から配信まで手軽にできるアプリが続々と登場しています。パーツを組み合わせるだけで3Dアバター作成できるアプリも多く、どのアプリも基本的な機能はすべて無料で使えるので、まずはこれらから試してみると良いでしょう。

REALITY(REALITY Avatar)

REALITY」は、株式会社Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)が提供するVTuebrライブ視聴・配信アプリです。元々は視聴専用の「REALITY」と配信専用の「REALITY Avatar」に分かれて配信されていましたが、2019年3月に全機能が「REALITY」に統合されました。1つのアプリ上でVTuber配信の視聴と、VTuberとしての配信ができます。

「REALITY」では、目や髪、服などを自由にカスタマイズしてアバターを作成します。配信は外部配信サイトを使わずにアプリ上で行えます。

2018年11月掲載の解説記事はこちら

スマホで簡単にVTuberデビューできる「REALITY Avatar」、使い方徹底解説!

スマホで簡単にVTuberデビューできる「REALITY Avatar」、使い方徹底解説!

MoguraVR

「REALITY」のダウンロードは下記のURLから
http://app.adjust.com/w8hg4d6_ok7d8tz

カスタムキャスト

株式会社ドワンゴと株式会社S-courtが提供する「カスタムキャスト」は、3Dアバター作成とニコニコ生放送による配信ができるアプリです。顔やボディパーツ、衣装、アクセサリーなど豊富なパーツを利用して好きなアバターを作成することができます。配信中に設定したポーズや表情をフリック操作で表示することもできます。

iPhone X/iPhone Xs/iPhone Xs MaxではフェイストラッキングとARに対応。その他のiPhoneやAndroid端末では簡易フェイストラッキングが可能となっています。

本アプリでは、2019年1月に男性キャラクターの作成・カスタマイズ機能、2月にはデコレーション機能が実装されるアップデートの他、アニメコラボやイベント企画なども開催しています。

2018年10月掲載の解説記事はこちら

「カスタムキャスト」使い方を徹底解説!スマホで簡単VTuberモデル作成・配信

「カスタムキャスト」使い方を徹底解説!スマホで簡単VTuberモデル作成・配信

MoguraVR

SHOWROOM V

SHOWROOM V」は、ライブ配信サービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社が提供する配信アプリです。本アプリでは、お気に入りのアバターを選択し、配信ボタン1つで「SHOWROOM」と連動し配信ができます。

当初は10体のアバターしか選ぶことができませんでしたが、3Dキャラクターのモデルデータを投稿できるプラットフォーム「VRoid Hub」との連携により使用できるアバターが増えました。「VRoid Hub」に投稿された3Dキャラクターモデルは、クリエイターが定めた条件のもと「SHOWROOM V」でアバターとして利用ができます。

2019年5月に実施されたアップデートでは、ユーザーの手の動きや距離感をアバターに反映するなど、よりリアルで近くにいるような配信ができるようになっています。

2018年12月掲載の解説記事はこちら

スマホ1つで3Dアバター配信ができる「SHOWROOM V」使い方を徹底紹介!

スマホ1つで3Dアバター配信ができる「SHOWROOM V」使い方を徹底紹介!

MoguraVR

エモモ(ミラティブ)

エモモ」は、ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」内の3Dアバター作成・配信機能です。様々なパーツを組み合わせてアバターを作成し、ゲーム配信などができます。2019年5月にはエモモにて、カラオケ配信ができる新機能「エモカラ」が実装されました。実際のカラオケのように歌詞がなぞられていき、マイクを持ったアバターが曲に合わせてリズムを刻みます。

2018年10月掲載の解説記事はこちら

ミラティブの3Dアバター作成・配信機能「エモモ」使い方を徹底紹介!

ミラティブの3Dアバター作成・配信機能「エモモ」使い方を徹底紹介!

MoguraVR

パペ文字

パペ文字」は株式会社ViRDが提供する、iPhone X以降対応の動画撮影・ライブ配信アプリです。本アプリはAR技術を使用しており、自分の姿を上書きするような形でキャラを配置し、撮影することが可能です。

顔、背景、声を変更することができ、キャラクターになりきらずともマスクのように顔だけ隠すこともできるので、アイデア次第で色々な使い方ができそうです。背景は元々用意されているものの他、360度画像やiPhone内の背景も使うことができます。配信はYouTubeなど外部サイトを利用します。

https://www.youtube.com/watch?v=VCDlDO4tjQ0

トピア

トピア」は株式会社アンビリアルが提供する、3Dアバターを作成してライブ配信できるアプリです。本アプリではデフォルメされたアバターを作成でき、体型や髪型、顔のパーツなどの位置やサイズの調整機能も搭載されています。iOS/Androidの双方に対応しています。

アプリでの視聴・配信に関しては、独自技術の採用により一般的な動画サービスよりも通信量を減らすことに成功しているとのこと。公認ライバー制度も開始されており、2019年5月には初期メンバー24名がデビューしています。

ナカノヒトライブ

ナカノヒトライブ」は、株式会社DeNAによるバーチャル特化型ライブ配信サービスです。本アプリでは、性別・顔・目・髪・髪色・瞳の色・衣装などのカスタマイズが可能となっています。スマートフォンのインカメラで顔の傾きなどを認識し、アバターに反映させます。

本アプリは「ライバーだけでなくリスナーもアバターになり、バーチャルな姿でコミュニケーションを取る」というのが特徴。執筆時点ではiOSのみの対応となっています。

MakeAvatar

MakeAvatar(メイクアバター)」は、AR/VRブランドのGugenkaが提供する3Dアバター作成アプリです。スマートフォン上で目や口、輪郭、髪型、体型といった組み合わせを選択し、アバターを作成します。本アプリで作成した3Dアバターは、「VRoidHub」を通してVTuber配信などに利用することができます。本アプリでは、AR機能を使用して自分が作成したアバターを現実に召喚できるのも特徴です。

2.PC向けVTuberモデル作成・配信ツール

Vカツ

Vカツ」は、株式会社シスが提供するPC向けのVTuber支援サービスです。3Dキャラクターメイキングからアニメーション、表情付けなどを無料で行えます。顔や髪、体、衣装、アクセサリーなど、300を超える項目から自分の理想のキャラクターを作ることができます。

作成したアバターは、VR向け・3Dアバターファイルフォーマット「VRM」への出力が可能となっており、バーチャルキャストやニコニ立体といったプラットフォームで利用することもできます。(VRM出力は別途料金が必要)

2018年8月掲載の「Vカツ」PC版の解説記事はこちら

簡単にVTuberモデルを作れる「Vカツ」のここがすごい!使い方を徹底解説

簡単にVTuberモデルを作れる「Vカツ」のここがすごい!使い方を徹底解説

MoguraVR

また、「Vカツ」はスマートフォン版も配信されています。本アプリはiOS/Androidの双方に対応。ARモードを搭載しており、現実にアバターを召喚することもできます。さらにiPhone X以降に搭載されているフェイストラッキングに対応しており、ユーザーの表情にアバターを連動させることができます。

2018年11月掲載の「Vカツ」スマホ版の解説記事はこちら

手軽に3Dアバターを作れる「Vカツ」スマホ版の使い方を徹底解説!

手軽に3Dアバターを作れる「Vカツ」スマホ版の使い方を徹底解説!

MoguraVR

VRoid Studio

VRoid Studio」は、ピクシブ株式会社が提供する3Dキャラクター作成ツールです。絵を描くような感覚で3Dモデルの制作でき、3Dの知識がないクリエイターでも手軽にアバターを作成できるのが特徴です。3DアバターはVRMに対応しており、商用での利用も可能となっています。

2018年8月掲載の解説記事はこちら

くろば・Uが実演! 3D制作知識ゼロから始める「VRoid」モデル製作

くろば・Uが実演! 3D制作知識ゼロから始める「VRoid」モデル製作

MoguraVR

2018年12月掲載の作例まとめ記事はこちら

絵を描くように3Dモデルが作れる「VRoid Studio」作例まとめ

絵を描くように3Dモデルが作れる「VRoid Studio」作例まとめ

MoguraVR

セシル変身アプリ

「セシル変身アプリ」はVTuberのスズキセシルさんによるPC向けの3Dアバター作成支援ツールです。クリエイター支援サイト「ファンティア」にて無料ダウンロードできます。

本アプリでは、各種用意されたプリセットや操作スライダーを変化させ、アバターのパーツを操作して好みの3Dアバターを作成することができます。作成したキャラクターはグッズ販売や動画配信で収益を上げるほか、アバターを作成して販売するといった商用利用にも対応しています。

スズキセシルさんは、VRプラットフォーム「cluster」への対応機能を強化するためのクラウドファンディングを実施、目標金額の100万円を達成しています。

3.Webカメラとマイクで今すぐVTuber

FaceVTuber

FaceVTuber」は、Webカメラさえあれば簡単に3Dモデルを動かせるWebベースのツールです。Google Chromeでページを開き、Webカメラを準備して「Start」、「Set」とボタンを押せば、それだけで3DCGキャラが顔に合わせて動きます。

本ツールにはMMD/FBX/VRM形式のモデルデータを読み込むことが可能となっており、ページ下部にリンクが掲載されているキズナアイさんやミライアカリさん、電脳少女シロさんの公式配布モデルなどを使用することも可能です。他のユーザーが作ったMMDのモデルを使用する場合は、使用許諾の確認が必要です。

本ツールはとにかく準備が楽、動作が軽い、最低限の機能は揃っている、モデル読み込みの自由度が高いなどと魅力が満載です。VTuberならずとも、ちょっとYouTube配信やニコ生やりたいな、という時に使う候補に入れておいて損はないツールです。

ただし、顔認識が繊細すぎるためなのか、少しでも顔に光が当たったりするとトラッキングが外れがちです。もし本格的に使うのならば、部屋の明るさの確認をしておくことをオススメします。

Hitogata

Hitogata」は、mogg氏が開発したVTuber向けの簡単顔認識アニメーションソフトです。Webカメラによる標準的な顔認識のみならず、動画を読み込んでの表情認識を行うことが可能。まばたきの頻度や左右反転のミラーモードなど、細かく設定ができます。口パクは、カメラでの認識の他に、マイクの音量からも動かせます。音量で口の開き方が変わる設定です。

キャラクターは顔、髪型、服装などのパーツを組み合わせて、色などをカスタマイズして作ることが可能。アクセサリーパーツに自作のものを入れることも可能です。そのほか、FBX/VRM形式のモデルの読み込みにも対応しています。

3DCGは前後左右上下、マウスの右クリックとホイールで動かせます。トラッキングも比較的しっかりついてくるので、極端な動き方をしなければ安定感もあります。また手を振ったり、大きく表情を変えたりなどといったモーションをボタンで再生することができ、モーションは自作することも可能です。

これを使えば、モデルの動作を操作しながら録音した音声ファイル(合成音声でも可)を読み込ませて口パクさせ、WebカメラなしのVTuberを作ることが可能です。

また、部屋の自作もできます。動かしている最中のカメラワークの切り替えやクロマキー合成も簡単なので、動画作成の際は工夫次第で幅広い遊び方ができるはずです。

FaceRig

https://www.youtube.com/watch?v=IINyowbMqJI

FaceRig」はSteamで配信されている顔認識ソフトです。Webカメラを利用して、3DCGキャラクターや2Dイラストをアニメーションさせることができます。

これを利用してクロマキー合成を行い、バーチャルYouTuberとしてゲーム実況などを行うことが可能です。「FaceRig」本体は1,480円、イラストを動かす「Live2DModule」は398円で購入できます。

4.VRヘッドセットがあったらオススメ、便利なバーチャル空間制作ソフト

バーチャルキャスト

バーチャルキャスト」は、株式会社バーチャルキャストが提供するVRライブ・コミュニケーションサービスです。VRヘッドセットなどを利用してキャラクターを自由に動かすことができ、コントローラーのトラックパッドを使って表情を変えることも可能。ニコニコ生放送、YouTubeなどのプラットフォームで配信することができます。

「バーチャルキャスト」では、1つのルームにネットを介してゲストを簡単に呼ぶことができるのが特徴のひとつ。「凸機能」をオンにすれば、知らない人のルームに自由に出入りすることもできます。コラボ生放送がしたい人にはもってこいのアプリです。

VRデバイスはHTC VIVE(VIVE Pro)、Oculus Rift(Oculus Rift S)、Windows Mixed Reality(Windows MR)ヘッドセットに対応しています。

https://www.youtube.com/watch?v=quqJPf6Ypt8

2018年4月掲載の解説記事はこちら

徹底解説!誰でもVTuberになれる「バーチャルキャスト」とは?

徹底解説!誰でもVTuberになれる「バーチャルキャスト」とは?

MoguraVR

カスタムオーダーメイド3D2

KISS制作の成年向けゲーム「カスタムオーダーメイド3D2」(リンク先18禁)には、美少女メイドキャラクターになれる機能「バーチャルアバタースタジオ」が追加されています。価格はパッケージ版が9,800円(税別)、ダウンロード版が8,424円(税別)で購入できます。18歳未満は購入できません。

キャラクターカスタム機能が非常に充実しており、顔の作りのみならず、服装やアクセサリーはもちろん、体型も大幅に変更できます(ただし女の子しか作れません)。

また表情やモーションのバリエーションが豊富。ゲーム中で使用されている表情すべてを利用できます。手の形など、普通に3DCGで作っていると動かしづらい部分も操作可能です。

VRデバイスはOculus Rift(Oculus Rift S)、HTC VIVE(VIVE Pro)に対応。またVIVEトラッカーを足・腰・頭などに装着して、最大8個の全身トラッキングに対応しています。

https://www.youtube.com/watch?v=8Ctg6mGmkbA

キャラクターになった状態で、自分自身をカスタマイズできるのも特徴の一つ。動画内では胸のサイズを動かしている様子が見られます。やり方によっては、モデル読み込みで一人何役もできそうです。アクセサリは自作することができ、VR上で手で持って、位置設定することが可能となっています。

背景もゲーム内にあるものをカスタム可能。クロマキー合成での背景合成はもちろん、デスクトップを配置してPCの画面を表示し、コメントを読み上げながら放送することもできます。VTuberをやる上での必要なことが揃っているだけではなく、かなり触り甲斐のある技術満載になっています。
 
2018年6月掲載の解説記事はこちら

VTuberにもなれる「カスタムオーダーメイド3D2」新機能紹介

VTuberにもなれる「カスタムオーダーメイド3D2」新機能紹介

MoguraVR

5.その他、現在よく使われているVTuber動画作成ソフト

VRChat

「VRChat」はSteam公式サイトで配信されているバーチャル空間共有ソフトです。ワールドの数が尋常ではない多さで、世界中の人が接続しているVR空間を体験できます。利用料金は無料です。

自分用のプライベートワールドを作って3DCGモデルでログインすれば、オリジナルの部屋から配信することも可能。ゲストを自由に呼ぶこともできますし、別のワールドを撮影することもできます。ただしすれ違った知らない人を撮影・配信する場合は許可を取ることをお忘れなく。VRヘッドセットを使うのがベターですが、PCだけでも使えます。

2018年1月、3月掲載の解説記事はこちら。

話題のVRアプリ『VRChat』その魅力と始め方を紹介

話題のVRアプリ『VRChat』その魅力と始め方を紹介

MoguraVR

『VRChat』で自作アバターを使うには? 導入方法まとめ

『VRChat』で自作アバターを使うには? 導入方法まとめ

MoguraVR

cluster

cluster」は、クラスター株式会社が提供するVRプラットフォームです。VRデバイスのOculus Rift(Oculus Rift S)、HTC VIVE(VIVE Pro)で利用することができるほか、VRを利用せずPCで参加することも可能です。

「cluster」では四角い頭にアイコンの付いたアバターキャラになって、VR空間に登壇することができます。参加者はこのルームに入れば、席に座って観覧も可能。登壇者も自由に呼ぶことができます。

また、3DCGのアバターを持ち込むことも可能となっており、VRChatよりも軽く、人数制限の幅も広いので、お手軽に配信できるのが強みです。「cluster」ではVRライブやイベント企画なども多数開催されており、アイデア次第で多様な使い方ができそうです。

まずは手軽にバーチャル配信をしてみよう!

VTuberが話題になった昨年は、アプリケーションの使い勝手や必要機器、イラストや3DCGの制作技術とハードルが高く、やってみたくてもできなかった方も多かったと思います。

しかし現在は、使用機器がスマホだけだったり、WEBカメラさえあればアバターも気軽に使えたりと、次々とソフトが出ることで始めるハードルは下がりはじめました。今すぐにでも、はじめられます。

一方でHTC viveなどをVR機器持っていればできることの可能性も、今年に入ってから一気に増えました。おそらくどのアプリケーションも、今後バージョンアップで便利になってくと考えられるので、まずは「触ってみる」「体験してみる」ことをオススメします。


【MoguraVRでは、バーチャルYouTuberに関する様々な情報を特集・掲載しています】
・毎週更新!おすすめのVTuber動画を厳選紹介
・VTuberの最新動向やビジネスが分かる厳選記事集
・バーチャルYouTuber 関連記事一覧

VTuber情報番組「週刊MoguLive!」放送中!

MoguLiveが送る、VTuberのファンのためのニュース番組「週刊MoguLive!」毎週放送中!

注目のVTuber最新情報や、VTuberに関するリサーチ企画「2019年上半期・VTuberの生配信人気ランキング」など特別企画もお届け!

配信ページはこちら


双子VTuber「69on」、夏の“歌ってみた”強化月間を開催 息の合った「明星ギャラクティカ」を披露

2019/07/10 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

米国防総省、核戦争の脅威を想定したAR/VRトレーニング導入へ

2019/07/10 11:30 活用事例

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集