デイリーランキング

ドコモが6Gに関するホワイトペーパーを公開。2030年頃に提供開始目指す

業界動向

2020/01/22 15:49

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

2019年のVRヘッドセット出荷、約半数は一体型に。Oculus Questの影響大か

統計・データ

2020/01/22 12:00

AntiLatencyのトラッキングシステムがアップデート、Oculus Questへ対応

テック

2020/01/22 18:30

VR活用で通勤時間ゼロ、家を仕事場化する「ポータル」開発開始

テック

2020/01/21 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR組み合わせお天気番組制作、視聴率巻き返し狙う

米国の気象番組であるThe Weather Channel(ウェザー・チャンネル)は、ARコンテンツ制作会社The Future Groupと共同で、報道番組でのAR活用を進めています。

ARで気象現象をリアルに再現

ウェザー・チャンネルでは、2015年から番組にARを使っています。気象現象の背景を説明する際など、ARによって番組に没入感を出しています。

https://www.youtube.com/watch?v=mclPB06sCYY

今回番組に携わるThe Future Groupは、コンテンツ制作にゲームエンジンのUnreal Engine4を使用し、さらにリアルな内容を提供するとしています。例えばリアルタイムで竜巻を正確に表現し、接近する都市を詳しく描写する、ということが考えられます。

ウェザー・グループのデザイン部門責任者であるMichael Potts氏は、「The Future Groupの技術により、これまでになかった気象番組を作ります。最先端というだけでなく、まだ開発が続けられている技術へ投資し続けることに、わくわくしています」と話しました。

The Future Groupは、これまでにもUnreal Engineを使ってゲーム番組『Lost in Time』を制作し、注目を集めてきました。同社の北米事業代表、Lawrence Jones氏は次のように話しています。

「当社は、Unreal Engineが持つ報道番組への可能性を高めていきます。ウェザー・グループや(Unreal Engineを開発する)Epic Gamesとともに、テレビ番組でのAR活用を進めることに期待を持っています」

テレビ番組がARに寄せる期待

米国ではインターネットテレビの普及に伴い、従来のケーブルテレビなどが契約者減少の危機に直面しています。ARの活用は、従来のテレビ番組へ視聴者を呼び戻す手段として、期待が寄せられています。

本などの出版物がARを活用する場合と違い、テレビではアプリをインストールしてデバイスをかざす、といった手間がありません。ウェザー・チャンネルのようなテレビネットワークは、一般の消費者へARを広めることを、リードしていくかもしれません。

テレビ番組でのMR・AR活用には、日本国内でも次のような事例があります。

テレビから「飛び出す」視聴体験 日テレのHoloLens活用 | Mogura VR

テレビから「飛び出す」視聴体験 日テレのHoloLens活用 | Mogura VR

MoguraVR

NHK「天才てれびくん」にAR技術が導入!もじ魔獣とテレビ戦士の戦いを表現 | Mogura VR

NHK「天才てれびくん」にAR技術が導入!もじ魔獣とテレビ戦士の戦いを表現 | Mogura VR

MoguraVR

(参考) Next Reality


ドバイにオープンした世界最大規模のVR体験施設、その実力やいかに?

2018/04/12 19:30 イベント情報

「月ノ美兎」も登場!「にじさんじ」メンバーがSHOWROOMで配信開始

2018/04/12 19:30 話題
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集