ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR組み合わせお天気番組制作、視聴率巻き返し狙う

米国の気象番組であるThe Weather Channel(ウェザー・チャンネル)は、ARコンテンツ制作会社The Future Groupと共同で、報道番組でのAR活用を進めています。

ARで気象現象をリアルに再現

ウェザー・チャンネルでは、2015年から番組にARを使っています。気象現象の背景を説明する際など、ARによって番組に没入感を出しています。

https://www.youtube.com/watch?v=mclPB06sCYY

今回番組に携わるThe Future Groupは、コンテンツ制作にゲームエンジンのUnreal Engine4を使用し、さらにリアルな内容を提供するとしています。例えばリアルタイムで竜巻を正確に表現し、接近する都市を詳しく描写する、ということが考えられます。

ウェザー・グループのデザイン部門責任者であるMichael Potts氏は、「The Future Groupの技術により、これまでになかった気象番組を作ります。最先端というだけでなく、まだ開発が続けられている技術へ投資し続けることに、わくわくしています」と話しました。

The Future Groupは、これまでにもUnreal Engineを使ってゲーム番組『Lost in Time』を制作し、注目を集めてきました。同社の北米事業代表、Lawrence Jones氏は次のように話しています。

「当社は、Unreal Engineが持つ報道番組への可能性を高めていきます。ウェザー・グループや(Unreal Engineを開発する)Epic Gamesとともに、テレビ番組でのAR活用を進めることに期待を持っています」

テレビ番組がARに寄せる期待

米国ではインターネットテレビの普及に伴い、従来のケーブルテレビなどが契約者減少の危機に直面しています。ARの活用は、従来のテレビ番組へ視聴者を呼び戻す手段として、期待が寄せられています。

本などの出版物がARを活用する場合と違い、テレビではアプリをインストールしてデバイスをかざす、といった手間がありません。ウェザー・チャンネルのようなテレビネットワークは、一般の消費者へARを広めることを、リードしていくかもしれません。

テレビ番組でのMR・AR活用には、日本国内でも次のような事例があります。

テレビから「飛び出す」視聴体験 日テレのHoloLens活用 | Mogura VR

テレビから「飛び出す」視聴体験 日テレのHoloLens活用 | Mogura VR

MoguraVR

NHK「天才てれびくん」にAR技術が導入!もじ魔獣とテレビ戦士の戦いを表現 | Mogura VR

NHK「天才てれびくん」にAR技術が導入!もじ魔獣とテレビ戦士の戦いを表現 | Mogura VR

MoguraVR

(参考) Next Reality

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース