デイリーランキング

Oculus Quest、ハンドトラッキングが今週中に実装

Oculus Quest

2019/12/10 18:09

グーグル、ARCoreの新機能「Depth API」発表。スマホのカメラだけで空間情報を取得

テック

2019/12/11 19:00

【XR Kaigi】KDDI、ドコモ、ソフトバンク……三大キャリアが取り組む、XRの未来像

業界動向

2019/12/11 12:40

VR体験ができるレストラン「VREX」、新宿店が閉店 広島店のみ営業継続

業界動向

2019/12/11 19:30

Magic Leapに法人向けパッケージが登場、製品名も変更に。次世代機は2021年リリース?

業界動向

2019/12/11 12:49

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視聴者の視線を追跡して動画広告の改善支援「視線カウンター」

SOOTH株式会社は、VRを活用した視線追跡(アイトラッキング)データの取得や分析ができるソリューション「視線カウンター」を開発しました。視線データから画面のどの要素に視線が滞在したかを集計して「視線スコア」を提示するソリューションです。同社は本ソリューションを動画クリエイティブ(広告動画の内容)の改善支援に活用していくとしています。

ユーザーの視線と脳波を合わせた分析も可能

「視線カウンター」では、ユーザーがVR上で動画を視聴し、動画の映像を領域区分して視線の滞在箇所を抽出することで、ユーザーの視線を集計してスコア化します。また、脳波を処理して興味関心を可視化・集計した「ニューロスコア」と「視線スコア」をかけ合わせた分析も可能としています。両スコアをタイムラインに並べることで、人が強く反応したタイミングを抽出し、その画面の何が視聴者の興味関心を引いたかを特定するといったことも可能とのこと。

なお、今回SOOTHが開発した「視線カウンター」は、トランスコスモス株式会社と共同で開発した動画広告の演出を最適化する技術「GAZE HACK(ゲイズハック)」に採用されています。GAZE HACKでは、動画広告視聴時のユーザーの視線を分析することで、ユーザーの関心の強い動画広告の構成要素を特定し、広告効果の向上を図るとしています。

(参考)SOOTH株式会社 プレスリリース



【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

ARゲーム開発のENDROLLが資金調達 人材強化やR&D

2019/07/18 18:00 投資

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

2019/07/18 18:00 セミナー・カンファ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集