デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15 New

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00 New

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

複雑な木の建築物、制作補助はARで——エストニアでの事例

エストニアの首都・タリンで2019年9月に開催された「Tallnn Architecture Biennial 2019」にて、昔ながらの木工技術にAR技術を活用した建築物が展示されました。

同建築物はロンドンを拠点とするデザイン事務所SoomeenHahm Design、同じくロンドンで活動する建築デザイナーのIgor Pantic氏、そしてオーストラリアのIT企業Fologramによって作られたものです。


(画像:Igor Pantic氏のWebサイトより引用)

昔ながらの木工建築と最新のAR技術が融合

「Steampunk」と呼ばれる木材と鉄骨の建築材料を作るために、設計チームは木材を蒸気で曲げる技術や工具に加え、Fologramが提供するマイクロソフトのデバイス「HoloLens」を使用するアプリケーションを活用しています。

設計チームの目的は、重機やロボットで建築物を作るのではなく、あくまで設計者が現場で作業する方法を模索することでした。

「コンピューターによるサポートとロボット技術のおかげで、建築家はデザインの具体化をかつてないほどスムーズにできるようになりました。一方で、伝統工芸に見られるような繊細さやニュアンスは、機械で作られた作品では表現できません」と設計チームは言います。


(画像:Igor Pantic氏のサイトより引用)

今回の展示制作では、Steampunkを平面の線画ではなく、AR技術を利用したデジタルモデルで作成。建築チームが実際に展示を組み立てる際にもガイドとして使われています。

楽器や家具、武器などを作るのに昔から使われている「蒸気で木材を曲げる技術」と、そこにFologramのアプリで作られたARガイドを組み合わせる実験的手法により、建築チームは材料の形をその場で自由に調節することができました。


(画像:Igor Pantic氏のサイトより引用)

このように、建築家はARを活用してさまざまな建物や設備を構築する方法を模索しているのです。

日立グループ企業ら、屋外環境でも使えるメガネ型HMD開発・販売へ | Mogura VR

日立グループ企業ら、屋外環境でも使えるメガネ型HMD開発・販売へ | Mogura VR

MoguraVR

HoloLensで建設現場での確認作業を短縮 竹中工務店らがソリューション開発 | Mogura VR

HoloLensで建設現場での確認作業を短縮 竹中工務店らがソリューション開発 | Mogura VR

MoguraVR

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に | Mogura VR

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Dezeen


エピックゲームズによるHoloLens 2の最新デモが公開、高解像度を実現する仕組みとは

2019/10/25 19:30 テック

花譜所属のKAMITSUBAKI STUDIOがオーディションを開始

2019/10/25 19:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集