デイリーランキング

イベントの“バーチャル化”支援、clusterが即日開催できるパッケージ販売開始

業界動向

2020/04/08 12:30

新型コロナで重要な「社会的距離」をARで可視化

活用事例

2020/03/30 11:30

VR用回転チェアを開発中のRoto、186万ドルを資金調達

投資

2020/04/07 11:30

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

無料3Dモデリングツール「Blender」が正式にVR対応、次バージョンで

開発

2020/04/09 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

建築デザイン向けVRソフトウェア「SYMMETRY alpha」の無料提供が2019年9月30日で終了、以後は有料配信へと切り替わることが発表されました。有料配信版の価格は99ドル(約10,500円)。有料配信版「SYMMETRY alpha」の購入者は、商用利用も可能となります。

「SYMMETRY」は、VR空間の中で「イメージ」や「デザイン」の正確な確認を行い、円滑なコミュニケーションを可能にするソフトウェアです。PCに保存されている3Dモデルのファイルを読み込むだけでという手軽さと、直感的な操作が可能という点が特徴です。

本ソフトウェアは、2017年2月からアルファ版にあたる「SYMMETRY alpha」が提供されており、2018年10月より製品版の「SYMMETRY」がリリースされています。「SYMMETRY alpha」は、世界中で12,000以上のユーザー、企業に利用されているとのこと。(2019年8月時点)

3Dデータを手軽にVR出力する「SYMMETRY」製品版発売 | Mogura VR

3Dデータを手軽にVR出力する「SYMMETRY」製品版発売 | Mogura VR

MoguraVR

建築向けVRソフト「SYMMETRY」移動や翻訳機能が追加、より使いやすく | Mogura VR

建築向けVRソフト「SYMMETRY」移動や翻訳機能が追加、より使いやすく | Mogura VR

MoguraVR

有料配信版の購入者は商用利用可能に、プロ向け製品版も

「SYMMETRY alpha」は2019年10月1日に実施されるアップデート後に利用できなくなります。その後も利用したい場合は、購入手続きをすることで継続して使用できるとのこと。有料配信版「SYMMETRY alpha」の購入者は商用での利用が可能になります。

なお、建築設計業務でのデザインレビューのための修正指示入力機能、土木業務での点群データインポート機能など、プロ向けの機能が必要なユーザー向けには「SYMMETRY」製品版の利用が案内されています。

(参考)Steam SYMMETRY alpha


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


ARライブイベント「ホロライブ オン ステージ-でいどり〜む-」開催決定 ときのそら・ロボ子さんなど出演

2019/08/22 11:30 ホロライブ

Oculusモバイル部門代表、フェイスブックを去る 一体型ヘッドセット開発の立役者

2019/08/22 11:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集