デイリーランキング

Acerの新型MRヘッドセット「ConceptD OJO」開発中止へ

業界動向

2020/02/14 11:30

VRを通してロボットへ指示 三谷産業らが要素技術開発

テック

2020/02/14 19:30

“VR行動療法”に効果、英大学発スタートアップが1,250万ドル調達

投資

2020/02/14 15:30

【1万字インタビュー】史上最大のARスタートアップMagic Leapが目指す未来への道筋

業界動向

2020/02/13 12:15

より安価で小型に。SteamVR向けの新型HDKが予約受付開始

開発

2020/02/13 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HoloLensで建設現場での確認作業を短縮 竹中工務店らがソリューション開発

株式会社ハニカムラボ株式会社竹中工務店は、MRデバイス「HoloLens」を活用した建築現場の施工アシストするアプリを共同開発しました。施工パーツ情報や取り付け位置などを現実空間に表示することで、確認作業工数を短縮することを可能としています。すでに実際の建築現場において採用されています。


(実際に本ソリューションが使われた竹中工務店とメルセデス・ベンツ日本株式会社によるEQ House)

取り付け位置を現実空間に表示して作業工数を短縮

竹中工務店とメルセデス・ベンツ日本株式会社による「EQ House」の事例では、外観で用いられている1,200枚のアルミパネルは、全てが形が異なり、365日の日照パターンをシミュレーションした結果により配置が決定されています。

HoloLensを装着した作業員がIDで管理された各パネルを見ると、それぞれのパネルのサイズや重さなどの情報や取り付け位置が現実空間に表示されます。これにより、取付位置を間違えることなく、確認作業工数を短縮することに成功したとのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=3aFtrCcyDh8

(参考)株式会社ハニカムラボ プレスリリース


【スポンサードポスト】
・2020年、“XR”に携わる人が心がけるべきこと――対談:松山周平×久保田瞬
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

MRで図面を現実に重ねる HoloLens向けソフトウェアの精度が20倍に向上

2019/05/31 11:20 業界動向

写真から3Dモデルを作るワークショップ開催、“銭洗弁天VR”や全身スキャンを体験

2019/05/31 11:20 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集