デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日立グループ企業ら、屋外環境でも使えるメガネ型HMD開発・販売へ

株式会社日立エルジーデータストレージ(HLDS)と株式会社テレパシージャパンは、高輝度ウェーブガイドモジュール、および同モジュールを使用したヘッドマウントディスプレイ(HMD)を共同開発・販売する旨を発表しました。

このHMDは「高輝度・高透過率(シースルー)・軽量」であり、屋外環境でも鮮明な視認性とストレスのない装用感を実現できるとしています。

明るい業務現場でも違和感なく視認できる

今回HLDSとテレパシーが共同開発・販売するのは、「高輝度、高透過率(シースルー)、軽量」を実現した「ABSA(Advanced Beam Splitter Array)」と呼ばれる導光板方式のディスプレイモジュールを搭載したヘッドマウントディスプレイです。

両社は共同開発の経緯として、HMDを活用した業務支援やエンターテインメント、ARソリューションなどのニーズ増大を挙げ、「屋内外を問わず、太陽光/高輝度照明下等の明るい業務現場で、違和感なく視認できる高輝度・透過型HMDの必要性が高くなっている」とコメント。それぞれの技術を持ち寄ることで高輝度化、軽量・小型化を実現し、これまでHMDが活用されづらかった業務用途においても実用に耐えうる製品を目指します。

スマートグラス「M400」が国内出荷スタート、約21万円 | Mogura VR

スマートグラス「M400」が国内出荷スタート、約21万円 | Mogura VR

MoguraVR

視野角を広げて没入感向上 VR/AR向け新ディスプレイ 2019年には提供 | Mogura VR

視野角を広げて没入感向上 VR/AR向け新ディスプレイ 2019年には提供 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社テレパシージャパン プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

YuNiが東急ハンズ池袋店でインストアライブ開催 新曲のMVも初披露

2019/10/16 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

VR内を歩けるデバイス「KAT WALK」、国内代理店がオープン

2019/10/16 18:00 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集