デイリーランキング

ソニー、“空間再現”ディスプレイ「ELF-SR1」発表 ソニーストアで展示

業界動向

2020/10/19 13:00

ファミリーマートが研修にVR採用・導入拡大、自動車向けARディスプレイ企業が5,000万ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/10/19 08:00

話題の新VRデバイス「Oculus Quest 2」の実力や開発Tipsを語る、オンラインセミナーが11月2日開催

セミナー

2020/10/14 12:02

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表

セミナー

2020/10/19 15:29

米MicroVision、わずか4.4gのスマートグラス用ディスプレイモジュールを開発

テック

2020/10/15 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/ARで外科手術を補助 イスラエル企業が1,150万ドル調達

医療分野でのVR/AR活用が進んでいます。イスラエルの防衛システムメーカーElbit Systemsの子会社であるBeyeonics Surgicalは、複数の企業などから1,150万ドル(約12.6億円)の資金調達を行いました。同社による外科手術用のVR/AR画像提供技術について、開発と商品化を進めていきます。

VR/AR画像で手術用顕微鏡の代用に

Beyeonics Surgicalが開発するのは、外科手術をサポートするビジュアル化技術です。同社のシステム「Clarity Bionic Visualization Platform」は、手術する部位のVR/AR画像を提供することで、手術用顕微鏡の代用になります。執刀医がよりリアルな画像を見ながら手術を行えるため、手術の質的な向上が期待されます。

またこのプラットフォームはリアルタイムにデータ処理が行えることから、短時間で多くの情報を提供可能です。

このプラットフォームはElbit Systemsのディスプレイ技術を活用し、3Dの高解像度リモートセンシングカメラや画像処理技術を用いています。既に20以上の眼科手術でテストを行い成功を収めているなど、実績もあります。

製品開発と商品化を加速

Elbit SystemsのCEOであるBezhalel (Butzi) Machlis氏は、「我々は、当社の技術を活用し、劇的に外科手術のレベルを向上させられるBeyeonics Surgicalのことを誇りに思います。今回の資金調達によってBeyeonicsは製品開発を進め、新しいアプリケーションを開発したり、商品化を加速したりできるでしょう」と話しています。

医療分野向けのVR/AR技術開発事例や今後の見通しについては、下記の記事でも紹介しています。

医療分野でのVR/ARの将来像 専門家はこう見る | Mogura VR

医療分野でのVR/ARの将来像 専門家はこう見る | Mogura VR

MoguraVR

医療分野におけるVR・AR・MRの市場展望はいかに?市場調査が発表 | Mogura VR

医療分野におけるVR・AR・MRの市場展望はいかに?市場調査が発表 | Mogura VR

MoguraVR

患者の負担を減らすVR×手術ロボの米企業、18億円調達 | Mogura VR

患者の負担を減らすVR×手術ロボの米企業、18億円調達 | Mogura VR

MoguraVR

グーグル、AR顕微鏡のプロトタイプ発表 癌を正確に発見 | Mogura VR

グーグル、AR顕微鏡のプロトタイプ発表 癌を正確に発見 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


夜のクラブで踊れ、VRダンスゲーム「Club Dance Party VR」

2018/06/20 11:00 ゲーム・アプリ

動画から人の3D身体表面モデル生成 フェイスブックがオープンソースで公開

2018/06/20 11:00 開発