デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

イーロン・マスクの「ハイパーループ」、プラン解説にMagic Leap Oneを活用

次世代交通システム「ハイパーループ」の開発を手掛けるHyperloopTTは、通勤者向け次世代輸送網システムの詳細な計画を発表しました。この“お披露目”において、MRヘッドセットMagic Leap Oneが活用されています。

イーロン・マスク構想の次世代交通システム

「ハイパーループ」は、SpaceXの設立者でアメリカの実業家のイーロン・マスク氏が2013年に考案した次世代交通システム。100Pa程まで減圧されたチューブ内を車両が空中浮遊して進みます。減圧されたチューブでは空気抵抗が少なくなるため、エネルギー効率が高い状態で推進力を維持できるとされています。2019年7月には同システムをVRで体験できる企画も開催されました。

https://www.youtube.com/watch?v=uwm3qvFWVRU

2019年現在「ハイパーループ」プロジェクトには、実現のために様々な企業が参画しています。これまでに一部の企業は撤退しましたが、HyperloopTTは、2017年に調達した資金(3,100万ドル(約34億円))を活用するなどして、前進を続けています。

Magic Leap Oneを活用したこの発表は、HyperloopTTの実行可能性調査「Great Lakes Hyperloop Feasibility Study」を、アメリカの地方の公務員により深く理解してもらうために行われました。

「Great Lakes Hyperloop Feasibility Study」は、「ハイパーループ」を使用することで、イリノイ州の大都市シカゴからオハイオ州のクリーブランドまで37分、クリーブランドからピッツバーグまで24分で移動可能になることを示す計画。同計画では「ハイパーループ」は、1時間に平均500マイル~600マイル(約800km~約960km)移動します。乗客のほかに貨物を積載することも構想されています。

“「ハイパーループ」計画”を説明するMRコンテンツは、XR関連のコンテンツなどを手掛ける企業Nomtekが制作しました。同社は2009年に創業された企業。アメリカやイギリス、ドイツなどに拠点を構えて活動を行っています。なお米メディアNext Realityによれば、今回Nomtekが作り上げたMR計画案は、一般向けにも公開されているとのこと。

イーロン・マスク、"宇宙からVRライブ中継"に言及 | Mogura VR

イーロン・マスク、"宇宙からVRライブ中継"に言及 | Mogura VR

MoguraVR

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 | Mogura VR

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

「提訴は参入阻止が目的」Magic Leapの訴訟、Nrealが反論申立へ

2019/12/18 19:00 業界動向

ホテルまでARで道案内、宿泊施設サイトに採用

2019/12/18 19:00 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集