デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

手をかざして指輪をAR試着も グーグルが機械学習ツールをアップデート

グーグルはモバイル開発者向けの機械学習ツール「MLキット」について、AutoML Vision Edge、AutoML Video Intelligence、Video Intelligence APIのアップデートを公式ブログにて発表しました。ブログではそれぞれの機能について実例を交えて紹介しています。

AutoML Vision Edge:画像認識からAR試着まで応用可能に

AutoML Vision Edgeでは機械学習により、画像からそのオブジェクトが何であるか、サイズはどれくらいかなどを認識することができます。同ツールは、オブジェクトの検出から認識までをスマートフォンなどの端末上だけで実行できるように最適化されています。

公式ブログでは活用事例として、宝石のeコマースや小売店向けのARソフト開発企業TRYONのサービスを紹介しています。動画ではカタログ画像から指輪を認識し、それをスマートフォン上でARモデルとして生成。さらにスマートフォンのカメラで手を撮影することで、指輪のARモデルを実際に“試着”している様子を確認できます。

https://www.youtube.com/watch?v=6OUsYMVc1Qw

(AutoML Vision Edgeを活用したTRYONのAR試着体験の様子)

AutoML Video:物体の動きを追跡可能に

AutoML Videoでは、オブジェクト検出機能が導入され、映像内の複数の物体の動きを追跡できるようになりました。同機能は、交通管理・スポーツでの動きの分析、ロボットのナビゲーションなど、幅広い用途で活用できます。

Video Intelligence API:有名企業のロゴを認識可能に

Video Intelligence APIでは、デバイス内に保存済みの動画やストリーミング動画の中から、オブジェクトや光景、および動きを自動的に認識する機械学習モデルを提供します。また同APIは、有名企業や組織のロゴを検出・追跡・認識でき、その数は10万以上におよぶとのことです。

ブログで紹介された機能はいずれもすでに利用可能。くわしくはGoogle CloudのVision AI、およびVideo AIのページで確認することができます。

返品を減らすAR試着が増加中 グッチもスニーカーで採用 | Mogura VR

返品を減らすAR試着が増加中 グッチもスニーカーで採用 | Mogura VR

MoguraVR

指輪や服を「AR試着」でイメージを確認 在庫削減にも貢献 | Mogura VR

指輪や服を「AR試着」でイメージを確認 在庫削減にも貢献 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Google Cloud Blog(英語)


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

フェイスブックR&Dトップが語る次世代VRへの道 ARグラスには慎重姿勢

2020/01/04 12:00 業界動向

PSVRセットがお買い得「Amazonの初売り」開催中

2020/01/04 12:00 PlayStation VR(PSVR)
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集