デイリーランキング

「アカリがやってきたぞっ」作者が手がける3名のVTuberが発表

VTuber

2020/02/17 12:12

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月8日~2月14日)

おすすめVTuber動画

2020/02/16 19:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

ファンメイドの「VR版ポケモン」プロジェクトが海外で登場 注目を集める

話題

2020/02/16 11:45

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

指輪や服を「AR試着」でイメージを確認 在庫削減にも貢献

オンラインで買い物するときに困ること。それは、服や時計、化粧品やアクセサリーといった身につける商品が、実際に使ったときどう見えるのか確認できないことです。アクセサリーブランドのGabriel & Coは、ARアプリを使ってこの問題の解決を試みています。

ARで着用イメージを確認

Gabrielが導入したARアプリは、店舗とオンラインのギャップを埋めることが目的です。商品——特に指輪——が実際にどのように見えるのか、ARを使って顧客によりよく理解してもらおうと考えているようです。

ユーザーはアプリを使ってアクセサリーのデザインを決め、商品のカスタマイズを行います。360度の方向から、完成品の3Dイメージを確認することも可能です。

そして実際に自分の手につけた様子をAR映像で確認。画像は保存してSNSでシェアできるため、オーダーする前に、家族や友人とイメージの共有も可能です。

在庫を削減するVRショーケース

またGabrielは、実店舗の運営にもVR技術を活用しています。店員は全ての商品をバーチャルなショーケースから確認することが可能です。これによって在庫のスペースや商品を揃える費用を削減できます。

GabrielのCEOであるJack Gabriel氏は「最新の技術がビジネスのあり方を変えるにつれ、顧客との接し方はこれまでより重要になってきました」と話しています。さらに「我々は市場の変化を注視し、将来を見据えた商品を生み出していきます。そして、最先端の顧客体験を提供します」と続けています。

商品購入を助けるAR技術の導入は、IKEAZARAなどの事例があります。また、AmazoneBayもAR活用を進めていることがうかがえます。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

キズナアイがローソンとコラボ! 限定グッズやコラボ店舗も

2018/05/30 17:21 VTuber 最新ニュース一覧

空間を超えて“リアル”な体験を VRや触覚フィードバックを活用したロボット発表

2018/05/30 17:21 テック

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集