デイリーランキング

バンダイナムコは“VR事業が増収に寄与” 調査結果により明らかに

業界動向

2019/07/22 12:00

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/22 08:00

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開

テック

2019/07/22 11:45

VTuberはビジネスで活用できる?メリットから課題まで語られた「VTuber活用丸わかりセミナー」レポ

VTuber利活用

2019/07/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

返品を減らすAR試着が増加中 グッチもスニーカーで採用

企業におけるARの活用が拡大しています。用途の1つが、ARを使った「試着」です。消費者にとっては、実際に店頭にはない商品を試せたり、また店舗に行かなくても試着が可能といった利点があります。企業側も、店舗に準備する在庫を削減したり、よりリアルな商品イメージを顧客に伝えられます。

ファッションブランドのGUCCI(グッチ)は、スニーカーの試着ができるARアプリをリリースしました。

高級スニーカーを手軽に試着

対象となるのは、GUCCIのエーススニーカーです。価格650ドル(約7万円)という高級商品を、スマートフォンで手軽に試すことができます。
ARで試着できるスニーカーのラインナップは全部で19種類。スマホのカメラを向けるだけで、スニーカーがぴったりと足に重なります。足を動かしてもARイメージが同時に動くため、実際に履いた時に近い感覚を試せます。

またAR試着の様子は、FacebookやInstagramといったSNSでシェアすることも可能です。

このアプリを手がけたWannaby社は、これまでにもネイルを試すWanna Nailsや、様々なブランドのスニーカーを試着できるWanna Kicks等のアプリをリリースしています。

リアルなイメージ確認が返品削減

小売業界でのAR活用の利点として挙げられるのは、2Dの画像と比べ、よりリアルに商品イメージをつかめる点です。イメージの相違による返品の削減が可能となり、販売側のコスト圧縮に繋がります。
この効果は大きく、米国の調査会社ガートナーの予測によれば、2020年までに100万人の消費者がARを使って商品を購入、46%の小売業者がARまたはVRの導入を計画するとのことです。

AR試着アプリ「GUCCI」はiOSのみに対応。こちらから無料でダウンロードできます。

広がるAR試着

ARを試着に活用する事例は、コスメ、指輪、ランドセルなど多岐にわたります。ネイルやコスメの場合は、サンプルを落とす手間なく何種類も試せる点が、ユーザー側の大きなメリットになります。

YouTubeに新機能 コスメの紹介動画を見ながらARでお試し

YouTubeに新機能 コスメの紹介動画を見ながらARでお試し

MoguraVR

指輪や服を「AR試着」でイメージを確認 在庫削減にも貢献

指輪や服を「AR試着」でイメージを確認 在庫削減にも貢献

MoguraVR

ニトリ、ARでランドセル試着体験

ニトリ、ARでランドセル試着体験

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。





スマホと360度カメラだけでVRコンテンツを制作・配信・販売できる「Blinky」スタート

2019/07/02 11:30 業界動向

Valve「Index」5本指コントローラー対応タイトルは30以上

2019/07/02 11:30 その他VRヘッドセット