デイリーランキング

まずは“他人に見られないスマホ”? レノボがARデバイスの試作品発表

業界動向

2019/11/18 11:30

マイクロソフト「HoloLens 2」日本出荷開始、アップルのARグラスは2023年発売か? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/11/18 08:00

Magic Leap経営陣、CFO含む二名が退社へ

業界動向

2019/11/18 11:45

さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ

業界動向

2019/11/18 12:00 Sponsored

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米軍のさらなる“VR訓練”推進、5億ドル超の契約締結

アメリカ陸軍は、情報テクノロジー系コンサル企業ブーズ・アレン・ハミルトン(以下、ブーズ・アレン)と、VRを活用した訓練プログラム「digital soldier」の導入を目的とした、5億6,100万ドル(約605億円)の契約を締結しました。


(画像:ブーズ・アレン社のプレスリリースより)

パフォーマンス向上も目的

2019年10月現在「digital soldier」の詳細は不明ですが、兵士の訓練ならびに現場でのパフォーマンス向上のために使用されることが発表されています。米メディアAL.comによれば、「兵士のほかに法執行機関のエージェントの使用も想定されている」とのこと。

ブーズ・アレンは、「digital soldier」の開発を米軍内のゲームスタジオと共同で行います。同社の副社長であるリンカーン・ハドソン氏は、「digital soldier」の使用例として飛行機からの降下を例示し、以下のようにコメントしました。

VRでは、訓練に必要な環境をとてもリアルに作り上げることができます。(digital soldierを使用すれば)実際に飛行機に乗り込んで降下する時間やコストがかからず、ストレスを感じることもありません。VRで繰り返し練習し、さらに上達できるのです。

現行のトレーニングに支障はなし

ハドソン氏はまた、「digital soldier」の導入は訓練だけにとどまらないとしています。戦場にいる兵士は敵や味方の位置、ターゲットの情報などを複数の装備から得ていますが、ブーズ・アレンの新システムではそうした情報もひとまとめにして提供できるとのことです。

ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供

ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供

MoguraVR

大学生が創業のVRスタートアップ、アメリカ空軍とVR訓練プログラム開発へ

大学生が創業のVRスタートアップ、アメリカ空軍とVR訓練プログラム開発へ

MoguraVR

ハンズフリーに利 米海軍がHoloLens 2を使ったシステム開発中

ハンズフリーに利 米海軍がHoloLens 2を使ったシステム開発中

MoguraVR

(参考)AL.com



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

Oculus Questに正体不明のアプリ? 音声コマンド用か

2019/11/01 12:15 Oculus Quest

【キズナアイ】BS日テレ「のとく番~アイは世界を繋ぐ~2019」放送

2019/11/01 12:15 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集