デイリーランキング

アップルのVRヘッドセットが2022年登場か ハイエンド市場狙う

業界動向

2021/01/22 10:40

パナソニックのVRグラス「超小型・高解像度」実現のカギは?

テック

2021/01/20 18:30

イグニス子会社の“VRライブ”プロジェクト、新たにバンナムグループが参画

業界動向

2020/05/13 11:49

看護師のコミュニケーションスキル、VRで育成 NTTグループ企業ら

活用事例

2021/01/22 18:30

Rokidが新たなメガネ型ARデバイスを発表、ウェーブガイド技術採用

テック

2021/01/20 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マイクロソフト、MR開発ツール「Azure Object Anchors」を公開。トヨタらも活用

マイクロソフトは2020年9月22日、同社の新たなMR(Mixed Reality)ツール「Azure Object Anchors(アジュール・オブジェクト・アンカー)」を発表しました。現実の物体に、AR空間上の3DCGデータを自動的に重ねて配置・固定できるツールで、プライベートプレビューの登録申し込みも始まっています。

現実空間とデジタル空間のオブジェクト合成、より簡単に

現実空間とデジタル空間を融合させるMR(Mixed Reality)では、現実空間にある物体上にAR空間上にある3DCGデータを重ね合わせる状況がよく発生します。従来はQRコードなどの物理マーカーと手動による微調整で実現していましたが、Azure Object Anchorsではそれを自動的に配置・固定できるようになります。


(トヨタでの導入事例。車両整備のためのガイドとして活用している)

Azure Obnject Anchorsを利用することで、3Dオブジェクト配置の手間やミスを減らし、ユーザーエクスペリエンスの向上が図れるとのことです。同ツールはすでにトヨタ、CAEヘルスケア、Bouvetなどの企業で試験導入されており、作業ガイドや会社の研修などで活用されています。


(マイクロソフトのMR開発ツールはいずれも同社のクラウドサービスMicrosoft Azure上で利用可能)

「Spatial Anchor」(スペーシャル・アンカー)および「Remote Rendering」(リモート・レンダリング)など、マイクロソフトが提供している他のMR開発ツールと同じく、Azure Obnject Anchorsを利用することで、MR体験の中核となる人物・空間・オブジェクトの3D表現が可能になるとのことです。

「HoloLens 2」新アプリ"Guides"がわかる7つの動画、MS公式から | Mogura VR

「HoloLens 2」新アプリ"Guides"がわかる7つの動画、MS公式から | Mogura VR

MoguraVR

マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ | Mogura VR

マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Microsoft Azure公式Azure Object Anchors公式解説ページ


【読者アンケート】
・Mogura VRの読者アンケート実施中、抽選でオリジナルグッズプレゼント!

【注目の記事】
・ビジネスへのMR導入ヒントが盛りだくさん、「Mixed Reality Dev Days Japan」レポート

【PSVR】TGS2020記念セール開催 FFXVの釣りゲーも対象

2020/09/23 19:30 PlayStation VR(PSVR)最新情報

キズナアイ×花譜コラボシングル「愛と花」がリリース! 新MVも公開

2020/09/23 19:30 VTuber 最新ニュース一覧