デイリーランキング

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

英大手航空も導入、“フライト中はVR体験”広まるか

業界動向

2019/08/16 19:00

“目に入れるだけのAR”特許が明らかに、脳スキャン操作をフェイスブックが開発中  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/13 08:00

ファーウェイが“5G×ARクラウド”の「Cyberverse」発表

業界動向

2019/08/14 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR向けディスプレイ技術のAvegant、1,200万ドル調達

ARデバイス用のディスプレイ開発を行なっているAvegant社は、シリーズAラウンドで1,200万ドル(約13.2億円)の資金調達に成功したと発表しました。資金をもとに、ライトフィールド技術、及び「高解像度、低遅延、高輝度」の網膜投影ディスプレイの研究開発を進めるとしています。

ARディスプレイやヘッドセットを開発

Avegantはカリフォルニア州ベルモントに本社を置くスタートアップ企業です。同社は網膜投影できるウェアラブルディスプレイGlyphを開発後、ライトフィールド技術を用いたARデバイス用ディスプレイの研究開発を行なっています。また2017年10月には、ARヘッドセットの開発者版を販売しました。

その一方で今年3月には突如CEOが交代、従業員の半数がレイオフされるなど、先行きが不透明な部分もありました。

累計調達額は6,000万ドル超

資金調達にあたり、CEOのエドワード・タン氏は次のように述べています。「コンシューマー向けAR産業は、高解像度、小型、広視野角、ライトフィールド、低消費電力のディスプレイを開発するという、大きな課題に挑んでいます。我々は独自のソリューションでこれらの技術的課題にチャレンジし、これまで不可能だったAR体験を実現していきます」

今回の資金調達で、Avegant社の累計資金調達額は6,240万ドル(約68.6億円)に上ります。

ARハードウェア領域では、直近でも網膜投影型のARデバイスを手掛けるQDレーザが投資を受けているほか、DigiLens社が広視野角のディスプレイ開発を発表しています。

網膜投影ARグラスのQDレーザ、東大ファンドから約1億円の出資

網膜投影ARグラスのQDレーザ、東大ファンドから約1億円の出資

MoguraVR

視野角を広げて没入感向上 VR/AR向け新ディスプレイ 2019年には提供

視野角を広げて没入感向上 VR/AR向け新ディスプレイ 2019年には提供

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


江戸城天守をVR再現 凸版印刷と東京国立博物館

2018/08/30 11:30 イベント情報

米国建設業界をARとロボットアームがどう前進させるか

2018/08/30 11:30 AR/MR