ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR企業のAvegant、従業員の半数をレイオフしCEO交代

ARデバイス用のディスプレイ開発を行なっているAvegant社のCEOが交代し、約半数の従業員が解雇されることが、米国メディアの調査で判明しました。この件に関し、同社は詳細な説明を行なっていません。

Avegantはカリフォルニア州ベルモントに本社を置くスタートアップ企業です。同社は網膜投影できるウェアラブルディスプレイGlyphを開発後、ライトフィールド技術を用いたARデバイス用ディスプレイの研究開発を行なっており、2012年の創業から現在までに5,000万ドル(約53億円)以上を資金調達しています。

同社の製品は、3Dオブジェクトが「現実になじむ」ほどの出来栄えであることから注目を集めてきました。2017年10月には、ARヘッドセットの開発者版を、PCとセットで3万2,500ドル(約344万円)で販売しています。

半数の社員をレイオフ

しかし先日、40〜50人ほど在籍していた同社の従業員の数が、20人以下に削減されたことが、米国のメディア・The Vergeの調査によって発覚しました。ホームページ上の経営陣のプロフィールに変更はありませんが、同社でCTOを務めていたエドワード・タン氏のLinkedIn上のプロフィールが、2018年2月付でCEOに変更されています。

同社はCEO変更については「事実」として認めていますが、大規模な解雇やCEO変更の理由について公式な説明はしておらず、原因は謎に包まれています。

今後の道行きは不透明

同社は次世代のARディスプレイの開発のために、1000万ドル(約10億5,000円)の資金調達を行う予定であることを明らかにしています。同社はパートナー企業と合同でヘッドセットを開発する旨を発表していますが、その詳細も未だに明らかとなっていません。

ARデバイスを開発している企業に関しては、2017年6月にCastAR社が閉鎖しています。スマートフォンを使ったARに期待が集まるほか、デバイスを使うハイエンドなARはマイクロソフトやMagic Leapなど競合も多い状況が続いています。

大手の参入が相次ぐAR分野で何が起きているのか ARグラスのCastARがスタジオ閉鎖 | Mogura VR

大手の参入が相次ぐAR分野で何が起きているのか ARグラスのCastARがスタジオ閉鎖 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Avegant公式The Verge

この記事を書いた人

田口大智

明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース