Home » 夏休みに遊びたい、新宿のVR体験施設情報まとめ 「VR ZONE」最新情報も


VR体験施設 2018.07.27

夏休みに遊びたい、新宿のVR体験施設情報まとめ 「VR ZONE」最新情報も

東京では、複数の地域にVR体験のできる施設があります。特に新宿は、VR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」を中心に、本格的なVR体験ができる施設が集まっている地域となっています。

本記事では、VR ZONE SHINJUKUをはじめとする、新宿でVR体験ができるオススメスポットを紹介します。

日本全国のVR体験施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」はこちらから。

目次

VR ZONE SHINJUKUの最新情報
VREX 新宿店
タイトーステーション

VR ZONE SHINJUKUの最新情報

VR ZONE SHINJUKUとは?

https://www.youtube.com/watch?v=vUzSYzg8llY

「VR ZONE SHINJUKU」は、新宿・歌舞伎町にあるVR技術と専用マシンを組み合わせた大型VR体験施設です。運営は株式会社バンダイナムコエンターテインメント。同社が保有する様々なアニメ作品などと組み合わせたものもあり、多数のVRの体験に加え、プロジェクションマッピングや食事・ドリンクなど、さまざまな設備が用意されています。

以下、VR ZONE SHINJUKUのオススメのVRアクティビティを紹介します。

VRでマリカーをプレイ「マリオカート アーケードグランプリVR」

「マリオカート アーケードグランプリVR」は、任天堂の人気レースゲーム「マリオカート アーケードグランプリ」を元にしたアーケードゲームのVR版です。プレイヤーは、VRヘッドセットを装着し、マリオやルイージ、ピーチ姫、ヨッシーといったマリオシリーズのキャラクターを操作しながらスリリングなレースが楽しめます。

レース用のコースでは巨大なパックンフラワーやドッスン、そして並走するクッパたちの邪魔をかわして走ります。ミドリのこうらやバナナなどのアイテムを実際に手で持ち、他のプレイヤーを妨害するアクションも搭載されています。同時プレイ人数は4人で、友人同士でも楽しめるのが大きな魅力です。

「マリオカート アーケードグランプリVR」の体験レポートはこちら。

あのエヴァに搭乗して戦う「エヴァンゲリオンVR」

「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」は、エヴァ正規パイロットが不在の中、「臨時パイロット」としてエヴァンゲリオン零号機、初号機、2号機に搭乗し、第3新東京市に襲来した「第10の使徒」と戦闘するというものです。

本アクティビティは2017年12月27日からバージョンアップし、「エヴァMark.06」が加わった最大4人での協力プレイが可能になりました。さらに遊びやすくバランスが調整され、本来の力を解放したエヴァの振る舞いを体験できる「暴走モード」も追加されています。

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座:暴走」の体験レポートはこちら。

「ドラゴンクエスト」シリーズの世界をVRで体験

「ドラゴンクエストVR」は国王から命を受け、「戦士」2人、「魔法使い」1人、「僧侶」1人の4人パーティーを組んでドラクエの世界に旅立ちます。プレイヤーはそれぞれ専用の剣や盾、杖などを使って襲い来るモンスターに立ち向かい、城で待つ魔王「ゾーマ」討伐を目指します。

冒険するステージは「草原」「山麓」「ゾーマ城」の3つ。プレイヤーは決められた範囲内で自由に動くことができ、シリーズおなじみのモンスターを相手に、パーティー全員で立ち向かいます。

「ドラゴンクエストVR」の体験レポートはこちら。

「攻殻機動隊」の対戦型VRアクティビティも

「攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」は、アニメ「攻殻機動隊ARISE」を舞台に、草薙素子が召集した特殊部隊のルーキーとしてテロリストの制圧を目指します。12m×20mのアリーナを動き回りながら最大で4vs4、計8名の参加者によるチームバトルが可能です。 本編にも登場する 光学迷彩、義体、電脳化などテクノロジーを活用した近未来戦闘が魅力です。

「攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」の体験レポートはこちら。

Mogura VRでは、VR ZONE SHINJUKUのVRアクティビティの体験レポートを行っています。

そのほか、VRアクティビティの一覧はこちらです。

料金やチケット

VR ZONE SHINJUKUのチケットシステムは、入場チケットとアクティビティチケットがセットとなる「1day4 チケットセット(体験チケットが4枚1組)」など、いくつかのチケットセットが存在しています。まとめて買えば買うほどお得になるシステムです。

チケット購入はWebで購入予約、ファミリーマートで購入予約と店頭購入などがあります。当日に体験施設でチケットの購入もできますが予約優先のため、先に購入しておくことをおすすめします。チケット各種購入方法は公式のチケットページから確認できます。

また、一部VRアクティビティによっては別途チケットが必要な場合がありますので、自分が体験したいVRアクティビティについてどのチケットがいるのか予め確認しておきましょう。

料金体系は以下の通りです。

種類

購入方法

価格(税込)

1day6 チケットセット

購入予約・当日

6,200円(1,800円お得)

1day4 チケットセット

購入予約・当日

4,400円(1,200円お得)

平日アフター5 1day3チケットセット(平日限定:土日祝日を除く)

購入予約・当日

3,300円(1,100円お得)

攻殻機動隊ARISE利用チケット・入場券付
Webで予約受付中)

購入予約・当日

3,600円

攻殻機動隊ARISE利用チケット+1day4チケットセット
Webで予約受付中)

購入予約・当日

7,200円

ドラゴンクエストVR
ファミリーマートで予約受付中)

購入予約・当日

3,200円

「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS new generations★Brilliant Party!」Produced by CG STAR LIVE
ファミリーマートで予約受付中)

購入予約・当日

5,300円

こども1day2チケットセット
(7歳以上13歳未満)

購入予約・当日

2,000円

VRアクティビティ当日チケット

当日

1,200円

入場チケット大人

当日

800円

【学割】入場チケット(平日限定:土日祝日を除く)

当日

500円

入場チケットこども
(7歳以上13歳未満)

当日

200円

攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds当日チケット

当日

2,800円

CG STAR LIVE 当日チケット

当日

4,500円

リゾートアクティビティ当日チケット

当日

1,000円

エクスプレスチケット

当日

1,000円

※チケット料金の詳細はこちら

対象年齢

VR ZONE SHINJUKUでは、2018年3月1日により幅広い世代にVRを楽しんでもらうことを目的とし、一部アクティビティの対象年齢を改定しました。対象年齢は「13歳以上」から「7歳以上」に改定され、対象VRアクティビティは計9種類。家族などの幅広い年齢層で一緒にVR体験ができるようになりました。

公式サイトの利用制限のページにて、各VRアクティビティの年齢制限が記載されています。

混雑状況は?

VR ZONE SHINJUKUの空いている時間は「平日昼間」です。しかし、人気のコンテンツは待ち時間が長くなることもあります。中でも事前予約が必要な「ドラクエVR」の混雑状況を見てみると、8月の後半でもチケットが入手しづらい状況が続いているようです。

「ドラクエVR」は10月後半まで予約が可能となっているので、事前に予約しておき、体験できる日を楽しみに待つのがよいでしょう。

店名

VR ZONE SHINJUKU

場所

東京都新宿区歌舞伎町1-29-1

営業時間

10:00~22:00(最終入場時間は21時)

料金

チケットページ参照

公式サイト

https://vrzone-pic.com/shinjuku/

VREX 新宿店

「VREX(ヴィレックス)新宿店」は、株式会社フタバ図書が運営するVR・ARゲームも飲食も楽しめる施設です。こちらでは、VRで美少女に変身できる「ハッピーおしゃれタイム」や、連続30分以上のVR人生ゲーム「バーチャルライフ」など、一緒に体験するメンバーとコミュニケーションを取りながら協力できる、マルチプレイのコンテンツがメインとなっています。

「ハッピーおしゃれタイム」は、おしゃれな女の子を紹介する番組・ハッピーおしゃれタイムに出演するため、プレイヤーはVRで美少女になり、好きなドレスや髪型・目の色・ヘアアクセサリーなどでかわいく着飾るVR体験ができます。6月1日に大型アップデートが実施され、撮影モードや新曲の追加に加え、最大4人で遊べるようになりました。体験レポートはこちらです。

VREX 新宿店では「ARゲーム」も遊べる

また、VREX新宿店ではAR技術を活用したARスポーツ「HADO」・「HADO SHOOT!」も設置されています。「HADO」は、頭にスマートフォン用ヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して体を動かしながら体験します。試合は3対3のチーム戦です。プレイヤーは攻撃の「エナジーボール」や防御の「シールド」などを駆使して、試合時間80秒間で相手と点数を取り合って戦います。

「HADO SHOOT!」は、次々と壁から現れるモンスターを倒してスコアを競うARゲームです。レアモンスターやボスモンスターを倒すことで大量のスコアを獲得できます。また時々現れる宝箱は、ゲームを有利に進めるアイテムを入手可能です。

VREX渋谷店の体験レポートはこちらです。

店名

VREX 新宿店

場所

東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル5F

営業時間

10:00~23:30

料金

ゲーム 2メダル(1メダル350円)  
2メダル700円
8メダル2,800円
18メダル6,000円
31メダル10,000円
※メダルの返金不可。渋谷宮益坂店での使用不可。

公式サイト

http://www.vrex.jp/


タイトーステーション

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店
[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
タイトーステーション 新宿東口店
[/wc_column][/wc_row]

タイトーステーション新宿東口店・新宿南口ゲームワールドでは、株式会社コーエーテクモウェーブが展開するVRライドマシンン「VRセンス」が導入されています。風や香り、ミストなどを発生させる8つの機能が搭載されており、従来のVRデバイス以上にリッチな体験が可能です。

筐体のカラーリングは「スパークリングシルバー」と「スパークリングブルー」の2パターンとなっており、搭載されているコンテンツも異なります。タイトーステーション両店では両筐体とも設置されているため、剣と弓矢を切り替えて周囲の敵を倒す「超 真三國無双」や、2つの恐怖体験を味わえる「ホラー SENSE ~だるまさんがころんだ~」など6つのタイトルを体験できます。搭載コンテンツはこちらです。

店名

タイトーステーション新宿東口店
タイトーステーション新宿南口ゲームワールド

場所

新宿東口店:東京都新宿区新宿3-22-7 指田ビル
新宿南口ゲームワールド:東京都新宿区新宿3-35-8

営業時間

新宿東口店・新宿南口ゲームワールド:10:00~翌1:00

料金

1プレイ800円(税込)

公式サイト

新宿東口店:https://www.taito.co.jp/gc/store/00001582
新宿南口ゲームワールド:

また、全国のインターネットカフェでも「VR THEATER」や「VIRTUAL GATE」など手軽にVR体験ができる場所が増えています。「Taiken.tv」では、遊びに行こうとしている場所や現在地から近くのVR体験施設を検索できます。ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード