デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。

目次

1.NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発 (07.18)
2. VR体験施設The VOIDへの大規模出資が判明、メディア王の息子から約21億円 (07.17)
3.まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中 (07.17)
4.VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート (07.17) 
5.VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」 (07.17)

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発 (07.18)

NVIDIAは、アイトラッキング(視線追跡)機能を搭載した、プロトタイプのARグラス「Foveated AR」を発表しました。これまでのARデバイスより広視野角、さらに高解像度なディスプレイを用いていることが特長です。

「Foveated AR」の視野角は約180度(対角約115度)。HoloLens 2(対角52度)やMagic Leap(対角約50度)など、現行のAR/MRデバイスより4倍以上広くなっています。

【Topics】
・Oculus RiftやHTC VIVEなど、VRヘッドセット装着時の視野の広さに近いARに
・アイトラッキングにより、動的なフォービエイテット・レンダリングを実現
・米ロサンゼルスで開催のSIGGRAPHに出展

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

MoguraVR

VR体験施設The VOIDへの大規模出資が判明、メディア王の息子から約21億円 (07.17)

世界各地にVR体験施設を展開するThe VOID社が、2,000万ドル(約21億円)の出資を受けていたことが判明しました。出資を行ったのはファンド「Lupa Systems」。米メディア王の息子ジェームス・マードック氏が経営する投資ファンドです。

米メディアによれば、この出資は「同ファンドにとって過去最大額」とのこと。マードック氏は「Lupa Systems」の創業以前、21世紀フォックスCEO在職時(2019年3月退任)、The VOIDの競合他社「Dreamscape Immersive」にも出資しています。

【Topics】
・独自デバイスやシステムを採用、4人プレイの高品質なVR体験
・The VOIDには半導体大手のクアルコム、ディズニーなど有力企業が出資するなど注目

VR体験施設The VOIDへの大規模出資が判明、メディア王の息子から約21億円

VR体験施設The VOIDへの大規模出資が判明、メディア王の息子から約21億円

MoguraVR

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中 (07.17)

ドイツの大手Continental(コンチネンタル)社は、Leia Inc.と共同で、専用デバイスを装着せず、ダッシュボードに自動車のメーターやナビを、3D表示する技術を開発。2022年に完成予定とのことです。

一方Leia社はディスプレイ技術を手掛けるシリコンバレーのスタートアップ。同社の新システムは、情報を3Dデプス(深度)で表し、立体的な表現を可能にしています。

【Topics】
・Lightfieldでは従来型のヘッドトラッキングカメラが不要
・ビデオ通話やネット閲覧、動画・音楽のストリーミング、AR機能を追加予定
・Leia社CEOは「自動車はモバイルの次のフロンティア」と語る

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

MoguraVR

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート (07.17)

2019年7月9日〜12日にかけて、触覚に関する国際学会「IEEE World Haptics Conference 2019」(WHC)が開催されました。触覚に関する基礎研究をはじめ、センシング技術や触覚提示デバイスの開発、ソフトウェアの提案など、研究やデモの発表が行われました。

本記事ではこの国際学会を概観しつつ、いくつかの研究やデモをピックアップしてお届けします。

【Topics】
・最先端の触覚研究を知る学会
・企業、学術研究ともに多数のデモ展示
・力触覚デバイスやウェアラブル尻尾デバイス、ボディスーツなど

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

MoguraVR

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」 (07.17)

360度カメラブランド「Insta360」の最新製品、「Insta360 Titan」の説明会が行われました。「Insta360 Titan」は最大11K解像度で撮影可能な、シネマティック360度カメラ。「Insta360 Pro/ Pro2」を高性能化した最上位モデルです。

ハコスコ社では今後、Insta360 Proシリーズ体験説明会のInsta360 Titan版を実施予定。Insta360は日本市場に力を入れ、東京に日本支社を立ち上げます。

【Topics】
・圧倒的な最大11K撮影、独自圧縮形式、AI活用の画像処理など新機能続々
・国内販売価格は1,880,000円。プロフェッショナルによる業務利用を想定
・きわめて高品質な360度動画を実現

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

MoguraVR



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(7月13日~7月19日)

2019/07/22 08:00 必見!今週のおすすめVTuber

クアルコム、5G見据えたハイエンドプロセッサ、Snapdragon 855 Plus発表

2019/07/22 08:00 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集