デイリーランキング

エピックゲームズが10億ドル調達しメタバースへ注力、NVIDIAがクラウドで描画処理を行う「CloudXR」開始 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/04/19 08:00

国土交通省の3D都市プロジェクト「Project PLATEAU」、新たに12都市を公開

テック

2021/04/19 19:17

ノーコードでARアプリを作ってみた 最新ツールで現地に行かずに手軽に制作

開発

2021/04/19 12:30 Sponsored

エピックゲームズのデジタルヒューマン作成ツール「MetaHuman Creator」早期アクセス開始

開発

2021/04/16 18:30

Picoが新一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」の詳細発表、AR/VR専用チップ搭載

テック

2021/04/15 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に

超高解像度VR/ARヘッドセットの開発を行うVarjo(ヴァルヨ)は、新たなエンタープライズ向けVRヘッドセット「VR-3」、およびVR/ARヘッドセット「XR-3」を発表しました。前世代と比較し、視野角拡大や軽量化などが行われています。

本体価格はVR-3が3,195ドル(約33万円)、XR-3が5,495ドル(約57万円)。VR-3とXR-3は、Varjoの公式サイトまたは正規販売代理店から購入可能です(※いずれもエンタープライズ用途限定)。なお、本体とは別に、ライセンスおよびサポートはサブスクリプションとすることも可能。ライセンス・サポートのサブスクリプションについては、VR-3は795ドル(約8万円)/年、XR-3は1,495ドル(約15万円)/年です。

Varjoはフィンランドの首都ヘルシンキに拠点を構えるスタートアップ企業。「人の眼レベル」の超高解像度VR/ARヘッドセットを開発しています。2020年8月には約57億円の資金調達を実施。ボルボやアウディ、ボーイングなどの自動車・航空機メーカーへの導入も進んでいます。

超高解像度VR/ARヘッドセット開発のVarjo、5,400万ドルの資金調達 | Mogura VR

超高解像度VR/ARヘッドセット開発のVarjo、5,400万ドルの資金調達 | Mogura VR

MoguraVR

同社のVRヘッドセットは通常のものと異なり、2種類のディスプレイを使用しています。視野の中心に極小の“バイオニックディスプレイ”を、周辺には低解像度ディスプレイを配置。視界の中心27°×27°度程度が超高解像度で見える仕組みです。

「VR-3」はパフォーマンス向上、視野角も拡大

「VR-3」はVarjoの超高解像度VRヘッドセット「VR-2 Pro」の後継となるモデルです。バイオニックディスプレイは縦方向に約2倍の広さとなり、超高解像度で見える領域が広がりました。視野角は87度から115度に拡大し、Ultraleap社のハンドトラッキングを搭載。さらに、独自のアイトラッキングも搭載しています。Varjoによれば「アイトラッキングを使い、描画負荷を調整するフォービエイデッド・レンダリングを実装している」とのこと。前モデルと比較して40%の軽量化も施され、使い勝手も向上した形となります。

さらに多数のソフトウェア互換性を有しており、UnityやUnreal Engine、OpenXR1.0、Autodesk VREDなど、数百の産業用3Dエンジンやアプリに対応します。

「XR-3」はLiDARにRGBパススルーカメラ、インサイドアウトトラッキングと盛りだくさん

「VR-3」にLiDAR、およびステレオRGBパススルーカメラを搭載したモデルが「XR-3」です。VRモードに加え、パススルーモードでは現実をVRヘッドセットのディスプレイに映し出し、バーチャルなオブジェクトを合成する形でARを実現します。


(Varjo XR-3。LiDARと12メガピクセルのステレオRGBパススルーカメラを搭載し、現実を認識する機能がさらに強化された)

さらにXR-3はインサイドアウトトラッキング(※)機能を搭載しており、外部センサーが不要。なおSteamVRのトラッキングシステムと併用することもでき、併用した場合はトラッキング精度が向上します。

(※インサイドアウトトラッキング……外部センサー等の設置を行わず、ヘッドセットに搭載されたカメラ等を使ってトラッキングを行う方式。Oculus Quest 2などがこれに該当する。VR-3は外部センサーを設置する「アウトサイドイン」方式)

Varjo VR-3、XR-3 スペック概要

解像度

中心部: 片眼1920×1920(27°×27°), 70PPD
外縁部: 片眼2880×2720, 30PPD以上

水平視野角

115°

リフレッシュレート

90Hz

IPD

58mm-72mm

位置トラッキングシステム

VR-3: SteamVR
XR-3: インサイドアウトトラッキング、SteamVR(2種の複合利用が可能)

重さ

VR-3: 558g
XR-3: 594g
(※ヘッドバンドを除外した際の重量)

ハンドトラッキング

Ultraleap Gemini(v5)

アイトラッキング

200Hzで駆動

オーディオ

3.5mmオーディオジャック

PCへの接続

DisplayPort ×2
USB-A 3.0+ ×2

米ボーイング社、宇宙飛行士の訓練にVR採用 カギは"人の眼レベルの解像度" | Mogura VR

米ボーイング社、宇宙飛行士の訓練にVR採用 カギは"人の眼レベルの解像度" | Mogura VR

MoguraVR

2020年のいま、フィンランドのVR/AR業界に注目したいワケ | Mogura VR

2020年のいま、フィンランドのVR/AR業界に注目したいワケ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Varjo

(2020/12/02/11:30……記事中に「サブスクリプションでの購入も可能」となっていた箇所を修正しました。実際には「本体は別途必ず購入が必要」「サポート等はサブスクにすることが可能」です)


キズナアイ2ndライブ リアルとバーチャルが融解するティザー映像公開

2020/12/01 23:00 VTuber 最新ニュース一覧

人気漫画原作「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」が今冬リリース発表

2020/12/01 23:00 ゲーム・アプリ