デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ハンドトラッキングのUltraleap、オクルージョンや認識開始が改善

ハンドトラッキング技術で知られるUltraleap社(旧名Leap Motion)から、第5世代のソフトウェア”Gemini”の開発者版プレビューが公開されています。2つのインタラクションや手の認識開始が改善されており、より使いやすさが向上しました。

Varjoヘッドセットでも採用

Ultraleap社は“コントローラーを使わず、手の動きで操作できる”ハンドトラッキング技術に力を傾けてきました。超高解像度を謳うVarjoの「VR-3」や、LYNXからリリース予定のMRヘッドセット「Lynx R1」等で採用されています。

プレビュー時点、Geminiには以下のような特長があります。
・動きの滑らかさや、ポーズを取る時の安定性がさらに改善
・2つの手のインタラクションが劇的に向上
・手の認識開始が改善
・ヘッドマウントディスプレイ、デスクトップ各モードに加えスクリーントップモードが登場

デモ動画に見られる顕著な改善

このうち2つをデモ動画と共に見てみましょう。動画右側が第5世代のGemini、左側が1つ前の世代のOrionです。

2つの手のインタラクションとは、例えば手を握り合わせたり、片方の手をもう一方に重ねたり、といったシーンです。センサーが手全体を認識できないため、これまでは、こうしたオクルージョンを正確に反映することは困難でした。Geminiでは、手の全体や指1本1本をトラッキングし、2つの手が重なるシーンでも、正確にVRへ手の動きを反映させます。

次に、手の認識を開始する時点の改善です。Geminiは、リープモーションコントローラー(Leap Motion Controller)及びハンドトラッキング用モジュール「IR 170」に対応してします。後者の特長である広いセンサー視野(160度~170度)を活かすことで、ユーザーの視界に入るよりも早く、手の認識が可能です。

正式リリースは2021年後半

2021年1月現在、Geminiは開発者版プレビューのみが公開されており、フルリリースは2021年後半を予定しています。

IR 170モジュールの一般販売や半導体大手のQualcomm(クアルコム)製チップセットへの技術提供など、ハンドトラッキング技術普及へ向けたUltraleapの取組はこちら。

8年ぶりの新型Leap Motion VR/ARデバイスに組み込めるモジュール発売 | Mogura VR

8年ぶりの新型Leap Motion VR/ARデバイスに組み込めるモジュール発売 | Mogura VR

MoguraVR

クアルコムとUltraleapが提携、AR/VR専用チップにハンドトラッキング提供へ | Mogura VR

クアルコムとUltraleapが提携、AR/VR専用チップにハンドトラッキング提供へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

“らくがき”で3Dモデルのキャラを生み出すスマホゲームが話題に

2021/02/01 12:00 ゲーム・アプリ

東京都らがスタートアップ支援、5G活用エコシステム構築へ

2021/02/01 12:00 業界動向