デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

VRストリーミング配信のNextVR、従業員の大規模なレイオフへ

業界動向

2019/01/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

サムスン、新たな有機ELの商標登録 VR向けパネルを製品化か?

ディスプレイを手掛けるサムスンが、欧州連合知的財産庁へ興味深い商標登録を行ったことが分かりました。「Anti SDE AMOLED(対SDEのAMOLED)」という商標からは、同社がVR向けの新しい有機ELパネルを開発していることがうかがえます。

SDE(スクリーンドア効果)とは

スクリーンドア効果(The screen-door effect 、SDE)は、ディスプレイに網目模様が見えてしまう問題のことです。ピクセル間には明度の差があるため、VR映像を視聴する際にグリッド線のような模様が視界に入ってしまいます。

オランダのGalaxyClub.nlの報道によれば、サムスンは今月「Anti SDE AMOLED(対SDEのAMOLED)」という商標を提出。具体的な関連商品は明らかにされていませんが、SDEへの言及から、よりVRに特化した製品の開発を進めていると考えられます。

サムスンのSDE対策は?

VRヘッドセットにおけるSDE対策はいくつかあります。例えば、より高い「曲線因子」を持つパネルであれば、ピクセル間の隙間を減らすことができます。また高精細=高ppi(ppi:「pixel per inch」の略。1インチあたりの画素数を指す)のパネルも、対策になりえます。

Oculus Riftの場合は、ディスプレイの最上部に拡散層を設け、光を拡散させてピクセル間の明るさの差をなくしています。ただしこの方法では画像が不鮮明になるため、あまり望ましくはありません。

サムスンは2018年5月のSID Display Weekにて、2.43インチ、リフレッシュレート120Hz、1,200ppiの高精細パネルを発表しました。現行のOclus RiftやHTC Viveに使うパネルの精細度460ppiに対して、非常に大きな進歩です。

この背景を考慮すると、サムスンが他社、あるいは自社のVRヘッドセットに新しいパネルを搭載し、リリースする可能性もあります。

VRヘッドセット向けディスプレイの動向については、こちらの記事でも紹介しています。

JDI、1001ppiのVR向け高精細液晶開発 リフレッシュレートや応答速度も向上

JDI、1001ppiのVR向け高精細液晶開発 リフレッシュレートや応答速度も向上

MoguraVR

VR用超高精細有機ELパネル 2228ppi 台湾メーカー開発

VR用超高精細有機ELパネル 2228ppi 台湾メーカー開発

MoguraVR

グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ

グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

バーチャルYouTuber、4,000人を突破 動画再生回数は合計7億2千万回に

2018/07/10 17:00 VTuber 最新ニュース一覧

女の子VTuber10名が集う「人狼ゲーム」開催!

2018/07/10 17:00 VTuber 最新ニュース一覧