デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR用超高精細有機ELパネル 2228ppi 台湾メーカー開発

台湾のディスプレイメーカーINTは、VRヘッドセット向けに2228ppiのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を開発しました。プレスリリースで詳細は触れられていませんが、同社が開発したのはガラスベースの2228ppi AMOLED(有機EL)です。

ディスプレイが高精細であれば、ディスプレイに網目模様が見えてしまうスクリーンドア効果の低減につながります。INTは、ガラスベースのディスプレイが「現状のシリコンベースのディスプレイに比べ、格段に経済的で、サイズの拡大も可能。よって、視野角を大幅に改善できる」としています。

描画技術の向上にも

INTは現時点では、ディスプレイサイズを明らかにしていません。INTはディスプレイサイズの拡大が可能と発表していますが、これはサイズの拡大を志向するわけではなく、多くの種類のディスプレイサイズに対応可能、という意味と考えられます。

Odyssey、Vive Proの3.6倍の解像度

今回発表された2228ppiという画素密度がどのようなレベルなのか、現行のVRヘッドセットと比較してみましょう。HTC ViveとOculus Riftは片目1080×1200、456ppiの有機ELパネルを搭載しています。現在最高の解像度を誇るのはサムスンが開発・発売したWindows Mixed Reality(Windows MR)向けのヘッドセットOdysseyとHTC Vive Proですが、どちらもサムスンの615ppi有機ELパネルを搭載しています。

つまりINTが発表したディスプレイの2228ppiという解像度は、驚異的な改善であると言えます。

INTはこの新ディスプレイを、5月20日(月)~25日(金)にロサンゼルスで開催される「SID DISPLAY WEEK 2018」のポスターセッション(5月22日~24日)で発表予定です。

またSID DISPLAY WEEKでは、ジャパンディスプレイ(JDI)の1001ppiの液晶ディスプレイ、及びグーグルとLGが開発する1443ppiのVRヘッドセット向けディスプレイも発表される予定です。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

【PSVR】自宅でテニスをプレイできる「ドリームマッチテニスVR」7月発売

2018/05/14 16:10 PlayStation VR(PSVR)

日本MSら、MRの利活用テーマに中学生の企画提案学習を支援

2018/05/14 16:10 テック