デイリーランキング

VRで溶接業務トレーニング、習得スピード向上 神戸製鋼ら

活用事例

2020/07/08 18:30

ビジネス向けVR/AR/MR展示会「VR EXPO 2020 夏」7月30日にオンライン開催

業界動向

2020/07/09 19:00

ソニーがUE4や「Fortnite」のEpic Gamesへ2.5億ドルを出資。その背景と影響は?

投資

2020/07/10 19:00

場の共有を実感できる? Microsoft Teamsに新機能

活用事例

2020/07/09 19:30

VRで林業研修を安全に。全国森林組合連合会にて運用がスタート

活用事例

2020/07/08 13:01

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR用超高精細有機ELパネル 2228ppi 台湾メーカー開発

台湾のディスプレイメーカーINTは、VRヘッドセット向けに2228ppiのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を開発しました。プレスリリースで詳細は触れられていませんが、同社が開発したのはガラスベースの2228ppi AMOLED(有機EL)です。

ディスプレイが高精細であれば、ディスプレイに網目模様が見えてしまうスクリーンドア効果の低減につながります。INTは、ガラスベースのディスプレイが「現状のシリコンベースのディスプレイに比べ、格段に経済的で、サイズの拡大も可能。よって、視野角を大幅に改善できる」としています。

描画技術の向上にも

INTは現時点では、ディスプレイサイズを明らかにしていません。INTはディスプレイサイズの拡大が可能と発表していますが、これはサイズの拡大を志向するわけではなく、多くの種類のディスプレイサイズに対応可能、という意味と考えられます。

Odyssey、Vive Proの3.6倍の解像度

今回発表された2228ppiという画素密度がどのようなレベルなのか、現行のVRヘッドセットと比較してみましょう。HTC ViveとOculus Riftは片目1080×1200、456ppiの有機ELパネルを搭載しています。現在最高の解像度を誇るのはサムスンが開発・発売したWindows Mixed Reality(Windows MR)向けのヘッドセットOdysseyとHTC Vive Proですが、どちらもサムスンの615ppi有機ELパネルを搭載しています。

つまりINTが発表したディスプレイの2228ppiという解像度は、驚異的な改善であると言えます。

INTはこの新ディスプレイを、5月20日(月)~25日(金)にロサンゼルスで開催される「SID DISPLAY WEEK 2018」のポスターセッション(5月22日~24日)で発表予定です。

またSID DISPLAY WEEKでは、ジャパンディスプレイ(JDI)の1001ppiの液晶ディスプレイ、及びグーグルとLGが開発する1443ppiのVRヘッドセット向けディスプレイも発表される予定です。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【PSVR】自宅でテニスをプレイできる「ドリームマッチテニスVR」7月発売

2018/05/14 16:10 PlayStation VR(PSVR)最新情報

日本MSら、MRの利活用テーマに中学生の企画提案学習を支援

2018/05/14 16:10 テック
VR/AR/MR 用語集