デイリーランキング

一体型VRをエアロバイクを組み合わせたフィットネスマシン登場

ゲーム・アプリ

2019/01/16 11:33

日立ら、鉄道車両向けのAR作業管理システムを共同開発 製造効率の向上を図る

ビジネス活用事例

2019/01/15 17:30

HTCが新VRデバイスを発表、ポケGO開発企業が1.9億ドル調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/01/15 08:00

外部センサーなしで全身トラッキング、プロトタイプがCESでお披露目

テック

2019/01/12 12:00

顔を撃たれて感じる衝撃、ベスト+αの全身触覚再現デバイス「bHaptics DK3」

テック

2019/01/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

カナダのスタートアップ、VR手術シミュレーション開発に230万ドル調達

カナダのスタートアップPrecision OSが、シリーズAで230万ドル(約2億6千万円)の資金調達を行いました。Precision OSに出資したのは、主にDavosとスウェーデンの投資ファンドAO Investで、その他、複数の未公開投資家が出資を行っています。Precision OSは、VRを使用した手術シミュレーションの開発を進めています。

医師のトレーニングと手術計画の策定用に開発された

Precision OSのVR手術シミュレーションは、VRで病院の手術室を再現するというもの。外科手術を行う医師の技能トレーニングのためのツールと、実際の手術における執刀手順の確認や調整のためのツールとして開発が進められています。

整形外科医でありブリティッシュ・コロンビア大学の臨床准教授も務める、Precision OSの最高経営責任者(CEO)Danny P. Goel氏は「Precision OSのシミュレーションは、現行の手術シミュレーションでは実現できていない領域の理解を助けます」「VRの採用による意思決定の明確化は、患者さんはもちろん、価値ベースの医療(※欧米で議論が進む医療方針。治療の効率性を重要視する)にも繋がっていきます」とコメントしています。

Goel氏はまた「VRは失敗しても大丈夫な環境を提供します。これは医師にとっては大変価値のあるものです」と付け加えました。

またPrecision OSは、医師がより緻密な執刀計画を立案できるようにするべく、この手術シミュレーションに、患者のデータを個別に入力できる機能を追加する計画も進めているとのことです。

現在、VRの医療分野への応用は世界中で進んでいます。以前にもイギリスの企業によるシミュレーション開発やアメリカでの緊急医療トレーニングへの活用など、様々な事例をお伝えしてきました。

VR/MRを用いた医療システムが国内特許取得 導入施設も続々と

VR/MRを用いた医療システムが国内特許取得 導入施設も続々と

MoguraVR

VRはどう使われているか?医療分野のVR活用事例紹介

VRはどう使われているか?医療分野のVR活用事例紹介

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

超広視野角「StarVR One」国内販売開始、9割が「VRは物件購入に役立つ」と回答 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/11/26 11:30 業界動向

鳩羽つぐ、約3ヶ月ぶりの動画「雨宿り」を投稿。儚げな足取りの行き先は

2018/11/26 11:30 VTuber 最新ニュース一覧