デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

新型VRヘッドセット開発中止のAcer、「XR技術への投資は継続」

業界動向

2020/02/17 11:00

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

VRで遠隔リハビリ治療 “バーチャルクリニック”全米各地で展開へ

活用事例

2020/02/17 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ポケモンGO、1月の月間収益が約75億円を超える

ナイアンティックのスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が、2019年1月の1ヵ月間で、6,810万ドル(約75億円)の収益を達成したことが判明しました。この収益額は、市場調査会社Sensor Towerの調査により判明しました。同社によると、6,810万ドルという収益額は、昨年2018年1月の「ポケモンGO」の収益額3,700万ドル(約40億円)と比較して、84%の増益であるとのことです。

収益第1位の国は日本

2019年1月の「ポケモンGO」の日本での収益額は、2,380万ドル(約26億円)です。この収益額は、全体の収益額6,810万ドルの35%に達します。Sensor Towerは、2019年1月の国別の収益額を比較した場合、日本が第1位の収益を達成した国と解説しています。同社によると、収益第2位の国はアメリカで、収益額は1,970万ドル(約21億円)だったとのことです。

対戦モード実装が増益の理由か

2018年12月「ポケモンGO」に、プレイヤー間の対戦を可能にする「トレーナーバトル」機能が実装されました。この機能を利用することで「ポケモンGO」のプレイヤーは、近くにいる別のプレイヤーや、ゲーム内のチームリーダー(AI)を相手にリアルタイムで対戦を行えます。

VentureBeatは「トレーナーバトル」は「ポケモンGO」のプレイヤーが長年待ち望んでいた機能であると指摘。この機能が実装されたことが、1月の大幅な増益に繋がった理由と推測しています。

「ポケモンGO」がついに"トレーナーバトル"実装 | Mogura VR

「ポケモンGO」がついに"トレーナーバトル"実装 | Mogura VR

MoguraVR

ナイアンティックの歴史

ナイアンティックは、2010年にGoogleの社内スタートアップ「Niantic Labs」としてスタートしました。後にスマートフォン向けのARゲーム「Ingress」を配信し、2015年にはGoogleから独立。2016年には「ポケモンGO」で世界中を席巻しました。

2017年、ナイアンティックはシリーズBで2億ドル(約220億円)を資金調達しました。この時の出資は、投資ファンドSpark Capitalが主導しました。その他にも、Founders Fund, Meritech, Javelin Venture Capitalといった出資家が参加しました。

ナイアンティックは、2018年初頭からAR関連企業の買収を進め、AR事業の拡大を進めています。2018年2月には、ARマルチプレイ技術の開発を進めていた企業、Escher Realityを買収しました。7月には、コンテンツ制作スタジオのSeismic Gamesを買収しました。

企業買収以外の取り組みも、ナイアンティックは進めています。2018年11月には、ナイアンティックは「ポケモンGO」や「Ingress Prime」を活用した、観光体験の促進を目的とした、国連世界観光機関(UNWTO)との提携を発表。12月には、賞金総額100万ドルの開発者向けコンテスト「Beyond Reality」の開催を発表しました。

(参考)VentureBeat


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

「バーチャルアイドル(仮)」本格始動!5月に初のVRライブ

2019/02/09 18:30 VTuber 最新ニュース一覧

東雲めぐの103種類ものボイスを収録!アプリ「となりのめぐちゃんアラーム」が発売

2019/02/09 18:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集