デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR会議システム「NEUTRANS」のビジネス向けサービスが開始

VR/ARソフトウェアの開発などを手がける株式会社Synamonは、新サービス「NEUTRANS BIZ」の提供を開始します。遠隔での会議やデザインレビューなど様々なビジネスシーンにおいて、ビジュアルイメージをVR空間で共有しながらのコミュニケーションを可能にするサービスです。

同社はこれまで、独自に開発したVR空間構築ソリューション「NEUTRANS」を教育や製造業など幅広いBtoB分野に提供してきました。そのノウハウと実績を活かし、ビジネス用途での要求水準を満たすVRサービスを、カスタマイズ無しで手軽に導入できる形で提供します。

「NEUTRANS BIZ」とは

「NEUTRANS BIZ」は、複数人が同時にクラウド上のVR空間に接続し、物体や空間のビジュアルデータを共有しながらコミュニケーションを行えます。本サービスはテレビ会議にはない臨場感の中で意思決定を可能にする、次世代のコラボレーションソフトウェアを謳っています。


 

「NEUTRANS BIZ」開発の背景

Synamonはこれまで、展示会や商談の際に、「ビジュアルイメージを共有しながら、複数人での遠隔会議に使いたい」、「VR空間で身振り手振りを交えながらブレインストーミングに使いたい」といった要望を顧客から受けていました。この要望に応えたのが、本サービスです。

また、既存のVRはコンテンツ制作やカスタマイズに必要な費用が高額で導入ハードルが高いという課題がありましたが、この解決のために、本サービスではカスタマイズ無しで手軽に導入できるようなモデルを採用しました。
 

「NEUTRANS BIZ」の特徴

「NEUTRANS BIZ」の特徴は次の3点です。

・遠隔から複数人が同時に接続でき、顔の動きや身振り・手振りがリアルタイムで見えるシステムです。

・3DCGやCADなどのビジュアルデータを用いて、物体や空間などを共有し、インタラクティブに確認できます。

・カスタマイズ無しで幅広いビジネスシーンに活用できる、多機能かつ手軽に導入可能なクラウド型サービスです。


 

「NEUTRANS BIZ」クローズドβ版のプラン

・費用:10,000円/月(税抜・1ライセンスあたり)
・最小契約数:5ライセンス
・契約部屋数:1部屋
・同時接続人数:10人/部屋
・契約期間:6か月から
・請求書払い
※別途初期導入費用が掛かります。
※NEUTRANS BIZの利用には、Skypeなどの電話会議が可能なWi-Fi環境と、VR機材一式が必要です。
 
Synamonはこれまでにもビジネス向けに「NEUTRANS」のバージョンアップ等を行ってきました。今回はより、ビジネスに特化したパッケージの提供となります。

(参考)NEUTRANS BIZ



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)

【PR】
・新オープン!VTuberグッズストア「MoguMall」、VTuber5組の新作品を発売!


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)

【PR】
・新オープン!VTuberグッズストア「MoguMall」、VTuber5組の新作品を発売!


マイクロソフトが次世代版Kinect発表、深度センサーとAI融合

2018/05/08 13:30 テック

年齢や性別・プロアマ問わず! バーチャルキャラクター演者オーディション開催

2018/05/08 13:30 VTuber 最新ニュース一覧
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集