ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

目指すは「業務の仮想化」 NEC、VRソリューションを強化

日本電気株式会社(NEC)は、VR技術と「視線追跡」や「触覚フィードバック」をアプリと連携させた法人向けVRソリューション2種類を開発しました。

NECは、同社グループ内における人間工学の知見を活かし、顧客ニーズに対するVRソリューションの提案を強化し、付加価値やコスト削減などを実現するとしています。

同社は工場における生産ラインの作業トレーニングや、海外における工場建設前のユーザビリティ実証などVRを活用しています。また、2016年度より法人向けVR活用ソリューションを交通・製造・リテール・官公庁など、30社以上に導入しています。

今回NECが発表したVRソリューションは以下のとおりです。

買い物客の視線を可視化する店舗棚割りシミュレーション

本ソリューションには、視線追跡が可能なFOVE製のVRヘッドマウントディスプレイが活用・連携されています。店舗における商品だなの共通棚割り情報をインプットすると、VR上に自動的に3Dの商品だなを生成します。買い物客の視点で商品棚を見た軌跡をヒートマップとして可視化することで、棚割りの効果検証を可能としています。

触覚デバイスと連携したトレーニング体験

本ソリューションには、VRで実際に触れているような体感を得られるexiii製の触覚デバイス(EXOS Gripper)が活用・連携されています。工場などでの各種作業のトレーニングを体験できる従来のVRソリューションに加え、実際に物をつかんだ際の手の感触を実感できます。今後、同デバイスを使った複数人による共同トレーニング作業にも対応予定とのこと。

今後は「業務の仮想化」を目指していく

3月20日には、報道関係者向けの発表会・ソリューション体験会も開催されました。登壇者はNECのSI・サービス市場開発本部 シニアマネージャーの原曉央氏、同主任の野中祟史氏です。発表会では、NECの法人VRソリューションに関する今後の展開に関する説明などがなされました。

説明によると、NECの法人向けVRソリューションとしては、今後は「コミュニケーション」および「業務の仮想化」がテーマとなるとのこと。

2017年まではトレーニング・シミュレーション目的のVRコンテンツの提供が主となっていましたが、2018年からは複数人での使用や、業務での実運用を想定したコミュニケーション要素を含むVRソリューションの提供、また2019年からは業務で使用するシステムと連携し、VR内で業務そのものを行えるようにする「業務の仮想化」を目指しているとのことです。

(参考)日本電気株式会社 公式

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース