デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視線追跡型VRHMDの「FOVE 0」発送開始

FOVEは、世界初の視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の開発者版「FOVE 0」の発送を開始しました。

「FOVE 0」は日本時間の2016年11月3日より先行予約を受け付けており、価格は599ドル(約70000円・1月7日現在の為替レートで計算)です。SteamVR・OSVR向けゲームタイトルのプレイが可能となっています。

FOVEは、2015年にはKickstarterでのクラウドファンディングによる資金調達で48万ドルを集めたことで話題になりました。その後もサムスン・ベンチャーズ、Colopl VR Fund等から資金調達を行っています。

「FOVE 0」では、今後、カラーバリエーションに関して、白色に絞ると発表。黒色バージョンは限定版で、黒色バージョンの販売は2017年1月末までとするとのことです。

「FOVE 0」のコンテンツに関しては、2017年2月18日(土)に放映予定のアニメーション映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』とのコラボレーションが決まっており、同作の女性キャラクター“アスナ”とのアイコンタクトを楽しみつつ、FOVEコンテンツの解説を受けられるコンテンツが開発中であることが発表されています。

また、アメリカで開催されている「CES2017」では『LUMEN』という新たなコンテンツが発表されました。

このコンテンツは、視線の動きと木々の成長がリンクするVRコンテンツです。視線追跡技術により、見ることで木が育ち、花が咲き、色が変わる、幻想的なものに仕上がっているとのこと。

そのほかにも、地理的追跡、データ解析、VR体験時のユーザーの行動分析ツールを提供しているcognitiveVR社は、VR分析技術に対する視線追跡機能を発表しました。

デモンストレーションでは、VR内の販売店における、ヒートマップや商品陳列統計をユーザーは見ることができる様子が示されました。この技術によって、企業はVRでの販売分析や、不動産選定などに関するデータを得ることができるとのことです。

FOVE 0 製品仕様

ディスプレイ WQHD OLED (2560 x 1440)
フレームレート 70Hz
視野角 90°〜 100°
トラッキングセンサー オリエンテーショントラッキング,ポジショントラッキング
アイトラッキングセンサー 120fps 赤外線アイトラッキングシステム x2, 精度1°以下
本体重量 520g
接続端子 HDMI 1.4 / USB 3.0 / USB 2.0
同梱物 ポジショントラッキングカメラ / 交換用フェイスクッション

最低動作環境

オペレーティングシステム Windows 8.1 64-bit, Windows 10 64-bit 以上
CPU Intel Core i5-4590 以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290 以上
メモリー 8GB 以上
インターフェイス HDMI 1.4 / USB 3.0 / USB 2.0 x2

【HTC Vive新作】インベーダーゲームのように並んだエイリアンを倒していくゲームなど6作品

2017/01/07 18:40 HTC Vive・Vive Pro

【360Channel】2016年12月5週目と2017年1月1週目の新作動画情報

2017/01/07 18:40 PR