デイリーランキング

HTCが新VRデバイスを発表、ポケGO開発企業が1.9億ドル調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/01/15 08:00

外部センサーなしで全身トラッキング、プロトタイプがCESでお披露目

テック

2019/01/12 12:00

顔を撃たれて感じる衝撃、ベスト+αの全身触覚再現デバイス「bHaptics DK3」

テック

2019/01/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

航空機内でVR 雲の下の地上の様子を見下ろす

ルフトハンザドイツ航空は、一部の航空路線でVRコンテンツの提供を開始します。機体が飛ぶ下の景色を、まるでシースルーの機体に乗っているかのようにリアルタイムで楽しめる内容です。

真下の景色を3D体験、観光も

VRが体験できるのは、エアバスA330を使ったフランクフルト発ドバイ行きのフライトLH630便です。「VR Moving Map」という名のこのコンテンツでは、ちょうど機体の真下に広がる景色を、3D映像で再現しています。現在位置に対応して景色は変わっていきます。

山や湖、都市の3D地図を見られるだけではなく、その場所をより良く知れるような内容が用意されています。たとえばウィーン上空を飛行する際は、名物のプラーターの大観覧車に乗ってみたり、クラシックコンサートを鑑賞したり、という体験が、360度画像や動画で実現します。

広がる飛行機旅行×VRの取組

このサービスは、デジタルコンテンツを手掛ける3Spin社との協力で作成されました。同社の社員がフライト中に窓の外を見ながら、「今はどの辺りにいて、雲の下の景色はどうなっているのだろう」と考えたことがきっかけだと言います。

VRと飛行機旅行との組み合わせ自体は、新しいものではありません。HISとファーストエアラインズは地上にいながらVRで旅行体験を提供し、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港はフライトの待ち時間にVRが体験できるスペースを開設しました。

VRは旅行体験のトレンドに

これに対してルフトハンザドイツ航空の狙いは、VR体験をフライト中に体験できることです。実際のフライトとVRをリアルタイムに連動させ、搭乗者の心に残る体験を提供したいと考えています。

「VR Moving Map」はサムスンのGear VRを使用しています。また地上の様子だけでなく、コックピットの内部を見たり、高度や速度、目的地までの時間といった情報を得ることも可能です。

ルフトハンザドイツ航空は、VRの活用が旅行におけるトレンドになると考えており、今後もVR技術でフライト体験をより上質なものする方針です。「VR Moving Map」は現在1路線のみの提供ですが、今後は全ての定期便でサービスを行いたいとしています。

機内でVRサービスを提供する試みは、国内外の航空会社により行われています。今後は一層実用化が進むかもしれません。

JTA、機内でVR体験 11月から開始 満足度向上図る

JTA、機内でVR体験 11月から開始 満足度向上図る

MoguraVR

エールフランス、LCC路線の機内サービスにVR導入 座席と接続

エールフランス、LCC路線の機内サービスにVR導入 座席と接続

MoguraVR

格安でもVRではファーストクラス LCCの乗客にPR

格安でもVRではファーストクラス LCCの乗客にPR

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

サントリーの公式VTuber「燦鳥ノム」が本日18時デビュー、デザインはヤスダスズヒト氏

2018/08/17 12:30 VTuber 最新ニュース一覧

PSVR、累計実売台数300万台突破 DL数トップタイトルは「スカイリムVR」

2018/08/17 12:30 PlayStation VR(PSVR)
VR業界 2018年
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集