デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

空港に置かれたVR体験コーナーが盛況 待ち時間に最適

この夏アメリカ・ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港(JFK空港)に、VRを体験できるスペースがオープンしました。

退屈な待ち時間はVRの世界へ

この企画では、施設型VRを手がけるPeriscapeVR社が、ターミナル4のショップなどがあるフロアにVRを体験できる機器を12か所設置しました。ターゲットとするユーザーは、空港で待ち時間を過ごす旅行客。設置からこれまで、1日平均で約750人がVRコーナーを訪れているということです。オープン前についてはこちらの記事で紹介しています。

PeriscapeVR社のCEO、Lynn Rosenthal氏はVR設置の背景について「私自身よく飛行機で移動しますが、他の旅行客と同様(待ち時間は)ストレスで退屈なものです」と話しています。そして、「空港では3~4時間もの待ち時間を過ごさなければなりません。大してすることもなく、VRの世界に逃げ込みたいと思うことがしばしばです」と語りました。

初めてでも楽しめるコンテンツが満載

現在JFK空港に導入されているVRコンテンツは8種類です。ゲームが多くを占め、大ヒットを記録したVRリズムゲーム「Beat Saber」、アクションゲーム「Fruit Ninja VR」、仕事体験シミュレーションゲーム「Job Simulator」などをプレイすることができます。また、「TheBlu」ではクジラなどを鑑賞する水中ダイビングが、「MasterpieceVR」ではペイントや彫刻が楽しめます。

デバイスは、HP製のWindows Mixed Reality(Windows MR)向けヘッドセットを用意しています。Rosenthal氏によれば、スペックと使用感からこの製品を選んだとのこと。旅行客の快適性を考え、ヘッドセットのクッション部分を簡単に掃除したり、交換したり出来るようになっています。またスタッフがコントローラーやヘッドホンの除菌も行っています。

Rosenthal氏はコンテンツについて、旅行客が楽しい時間を過ごせるものをチョイスしたとし、「ゲーマー向けではなく、VRに関心のある人向けにコンテンツを揃えています。ここで初めてVRを体験する人に会うほど、嬉しいことはありません」と話しています。

(参考)Venture Beat

VTuberキズナアイとupd8をビジネス面から語る、Activ8登壇の対談イベント

2018/08/08 12:30 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber「ときのそら」所属のホロライブ、2期生が先行デビュー

2018/08/08 12:30 VTuber 最新ニュース一覧