デイリーランキング

もし街の中心に原爆が投下されたら?教育用VRプログラム「Nukemap VR」

シミュレーション・接客

2019/08/19 12:00

“デバイス不要のVR”目指す企業が約30億調達、VR手術訓練は効果大と立証  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/19 08:00

75gの軽量MRグラス「GLOW」登場 nreal lightに対抗か

AR/MR

2019/08/19 11:30

“視線追跡×VR”でマーケティング調査、ユニ・チャームが新商品で活用

プロモ・マーケティング

2019/08/20 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

どうなる?グーグルの次世代コントローラーの行方

グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」に対応した最新の一体型VRヘッドセット、「Mirage Solo」が5月11日に国内で発売されました。グーグルは今後のVRデバイス、特にコントローラーについてどのように考えているのでしょうか。

Mirage Soloのコントローラー、2年前と変わらず

グーグルのDaydreamに対応した最新の一体型VRヘッドセット「Mirage Solo」は、高精度のインサイドアウト方式トラッキング技術を誇っています。インサイドアウト方式ではヘッドセットに内蔵されているカメラなどで現実を認識し、現実の動きとVRでの動きを一致させるため、外部センサーを置かなくてもVRの中で動き回ることができます。その一方で、コントローラーについては特に新しいものが採用されていませんでした。

同梱されるコントローラーは、2016年発売のモバイル向けヘッドセット「Daydream View」と同じもの。ポインターのように使うのみで、手を伸ばして物に触れる、といった動作もできません(体験レポートはこちらから)。

この結果、人気のお絵描きアプリ「Tilt Brush」のようにコントローラーを使って操作するアプリは、Mirage Solo向けにはリリースされていません。

2018年5月に開催されたイベントGoogle I/Oの場でも、グーグルはVRのロードマップについてアップデートを行いませんでした。このため、Mirage Soloの位置づけや、モバイルVRの今後について予測がつきにくくなっています。

Bavor氏「身体もVR体験の一部」

米メディアCNETはグーグルのVR/AR部門代表であるClay Bavor氏に、新しいコントローラーのリリース予定について問い合わせを行いましたが、明確な答えは得られませんでした。

Bavor氏はコントローラー改善の必要性を認めたうえで、他の選択肢もあり得ることを示しました。同氏は「Mirage Soloは第一にビジュアル体験、さらに言えば一般ユーザーの体験に重点を置いています」と述べています。また、「(Mirage Soloでは)何かを“創る”ことではなく、素晴らしい“体験ができる”ことを強調しています」と補足。したがってコントローラーの充実はあまり必要ない、との考えを示しているようです。

Bavor氏は今後について、「Mirage Soloでの(コントローラー以外でのトラッキングの)実現は考えていませんが、今後の技術はその方向へ向かっていくと思います」と説明しています。

コントローラーの今後はどうなるのか

グーグルは今年の4月、コンピュータービジョンを使いVRヘッドセットだけでハンドトラッキングが可能になるシステムを開発していると発表しました。しかしMirage Solo以降のVRデバイスに関する具体的な計画については、沈黙を守っています。

Mirage Soloは確かに次世代技術を利用した一体型ヘッドセットと言えます。しかし残念ながら、グーグルの新たなコントローラーを2018年中に見ることは難しそうな印象です。

(参考)CNET


中国メーカー、5Gでスマホ間のライブ3D動画配信ライブデモ

2018/05/16 11:11 テック

中国のVR市場 2017年は“試練の年” 2018年は明るい見通し

2018/05/16 11:11 活用事例