Home » フェイスブックが「メタバース」構築チーム立ち上げへ、VR/AR部門直下で人材集める


メタバース 2021.07.27

フェイスブックが「メタバース」構築チーム立ち上げへ、VR/AR部門直下で人材集める

フェイスブックのVR/AR部門Facebook Reality Labs(FRL)が、メタバース構築のためのチームを立ち上げました。FRLのVPを務めるアンドリュー・ボズワース氏が行った、Facebookの投稿から明らかになっています。

ボズワース氏はこの発表に際し、米メディアThe Vergeが行ったマーク・ザッカーバーグ氏へのインタビューを引用しつつ、「完全なメタバースを達成するためには、様々な空間の結合組織を作る必要があります。物理的な制約を撤廃し、ひとつの家の部屋から部屋への移動と同じくらい簡単に、様々な仮想世界や体験の間を移動できるようにするのです」と語りました。

フェイスブックのメタバースプロダクトのチームにはInstagramからプロダクトVPのVishal Shah氏が、Facebook Gamingからは同部門VPのVivek Sharma氏とVR/ARコンテンツ部門VPのJason Rubin氏がそれぞれ移籍したとのこと。

ボズワース氏は「Sharmaは『Horizon』のチームを、Rubinはコンテンツチームをリードし、Facebook Gamingのパートナーと共にゲームプラットフォームの規模と機能を拡大していきます」「究極的にはメタバースの一部となるこれらの世界を接続するためには、多くの努力が必要となるでしょう」とコメントしました。

加熱する「メタバース」

2003年にローンチされた「セカンドライフ」ブームの際にも話題となった「メタバース」ですが、2021年現在は世界最大級のゲーム制作・プレイプラットフォーム「Roblox」やバトルロイヤルゲーム「Fortnite」等が話題となり、にわかにテック業界や投資家から注目を集めるようになりました。

(参考)Facebook


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード