日本HP、MRヘッドセット発売 価格は約65,000円

株式会社日本HPは、MRヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset」の販売を開始しました。本日10月17日からの販売となります。価格は日本HPのオンラインストアHP Directplusにて、コントローラー付属で税込64,584円です。店頭での販売は11月下旬を予定。


MRヘッドセットは、マイクロソフトがWindows 10向けに提供する「Windows Mixed Reality」対応のデバイスです。視界をディスプレイで覆い、没入型のVR体験が可能なことから、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VR等に近いタイプのデバイスです。

本日発売されたHPのMRヘッドセットは、黒色のシンプルなデザインが特徴。国内では8月にコントローラーを含まない開発者版(税込53,784円)が発売されています。

2017年10月17日は、コンシューマ向けMRヘッドセットの発売開始日です。これに伴ってか、富士通クライアントコンピューティング株式会社によるMRヘッドセットの発表や、デル株式会社のMRヘッドセット「Dell Visor」の先行予約開始など、MRヘッドセットの国内取り扱いに関する発表が相次いでいます。また、本日付けで日本エイサーがMRヘッドセットを発売しています。

主なスペックは以下の通りです。

対応OS

Windows 10
(「Windows 10 Fall Creators Update」アップデートが必要)

対応プラットフォーム

Windows Mixed Reality

ディスプレイ解像度

2.89インチ×2、1440×1440×2枚

リフレッシュレート

90Hz(最大)
※Windows Mixed Reality Ultra対応PCであれば90Hz、それ以外は最大60Hz

視野角

水平100度(最大)

音声出力/入力

コンボポート×1

(参考)
・プレスリリース
・HP Directplus 商品ページ 

(更新履歴)
2017/10/20/11:20……店頭販売開始日について追記

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HP Windows Mixed Reality HeadsetMRヘッドセットWindows MR日本HP

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki