デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

3Dデータ可視化ソリューション「mixpace」HoloLens 2版が発売

業界動向

2020/02/25 19:30

VRでプレゼン動画収録、VIVE Focus Plus向けアプリが発売

活用事例

2020/02/25 19:01

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

富士通、MRヘッドセットを発表 国内メーカー製は初

富士通クライアントコンピューティング株式会社は、「Windows Mixed Reality(MR)」対応ヘッドセットを発表しました。価格はオープン価格となっており、富士通WEB MARTではコントローラー付属で税込57,024円です。発売は2017年11月下旬を予定しています。

MRヘッドセットとは、マイクロソフトがWindows 10向けに提供する「Windows Mixed Reality」に対応したデバイス。没入型のVR体験が可能になります。富士通が今回発表したMRヘッドセットは、同じMixed Reality(MR)の呼称で呼ばれていますが、シースルー型のMRデバイスHoloLensとは異なり、バーチャル世界に没入するタイプのVRヘッドセットです。外部センサーが不要で、USBおよびHDMIケーブルをWindows 10のPCに差し込むだけでハイエンドなVRを体験できます。また、付属するコントローラーを通して、VR空間内で手を動かすなどの操作が可能です。

MRヘッドセットはLenovoやDell、Acer、サムスンなどが製品を発表しており、日本での取り扱いも開始しています。富士通のMRヘッドセットは、国内メーカー製としては初となります。

富士通のMRヘッドセットのスペックは、1440×1440のディスプレイを2枚搭載、視野角は90度または100度以上、リフレッシュレートは60Hzまたは90Hzと、既に発表されている他社のMRヘッドセットとはほぼ同一です。

詳細なスペックは以下の通りです。

対応OS

Windows 10
(「Windows 10 Fall Creators Update」アップデートが必要)

対応プラットフォーム

Windows Mixed Reality

ディスプレイ解像度

2.89インチ、1440×1440×2枚

リフレッシュレート

Windows Mixed Reality Ultra対応PC:90Hz
それ以外:60Hz

インターフェース

USB3.0、HDMI

視野角

Windows Mixed Reality Ultra対応PC:100度以上
それ以外:90度

センサー

加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、トラッキングカメラ

オーディオ

3.5mmステレオ・ミニジャック

サイズ

幅182mm×奥行き290mm×高さ138mm(ヘッドバンド含む)

重量

約415g(ケーブル除く)

(参考)
・プレスリリース
・富士通 WEB MART


VR ZONE SHINJUKUの『攻殻機動隊VR』稼働が再延期

2017/10/17 12:29 イベント情報

VRコンテンツ制作に必要なポイントを凝縮 セミナー開催

2017/10/17 12:29 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集