デイリーランキング

MRデバイス「Magic Leap 2」が正式発表、HTCの新VRヘッドセット「VIVE Flow」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/10/18 08:00

Magic Leap 2が正式発表、小型軽量で縦に視野角広く さらに追加で5億ドルを調達

業界動向

2021/10/12 10:46

「AR×オンラインショッピング」は売上やエンゲージメント時間に効果あり、事例またひとつ

活用事例

2021/10/18 12:35

フェイスブック幹部らが相次いで新型VRヘッドセットの写真を投稿。Facebook Connectに向けたティザーか

業界動向

2021/10/14 12:10

オブジェクトに合わせて変形するVRコントローラー マイクロソフトが試作

テック

2021/10/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米小売大手ウォルマート、新技術活用の店舗をオープン ARで作業効率アップ狙う

アメリカの小売大手であるウォルマートは、AR等の様々な技術をテストするための実験店舗をオープンしました。これらの店舗にはAR、新たなアプリ、店舗とECの在庫を一括で管理する「オムニ・アソートメント」、そして新型のレジなどが導入されます。

2020年11月現在、予定されている4店舗のうち2箇所はすでに営業中。残りも順次開店予定です。

様々な実験店舗を設置、ARは「店舗の作業効率アップ」で活用

各実験店では、実験チームがソリューションや各種変更や計画の有用性を、リアルタイムでテスト可能。米メディアTechCrunchによれば、一部の変更は、来店者からも見て取れる場所に設置されるとのこと。ローンチ時には、“アソートメント”、“インベントリ”、“ピッキング”、“チェックアウトプロセス”に関する4つのアイディアがテストされます。

2つめの“インベントリ”には、ARが大きく関連しています。商品をバックヤードから販売スペースに移動させる際、従来のバーコードを読み取る方式ではなく、ARで必要な箱やカートをハイライトする仕組みを使用。スピードの向上を試みます。

ウォルマートは、複数回に渡ってVR/ARを活用してきた企業です。同社では人事評価やトレーニングにVRが使用されており、2019年に入ってからは、傘下のインキュベーターが顧客への商品紹介用VRコンテンツ開発を行う企業を設立しました。ユーザーが商品のバーコードをスキャンするだけで、簡単に価格などを比較できるARアプリ等もリリースしています。

ウォルマート、Oculus Goを17,000台導入 従業員のVRトレーニングに利用 | Mogura VR

ウォルマート、Oculus Goを17,000台導入 従業員のVRトレーニングに利用 | Mogura VR

MoguraVR

ARを使った商品の"試し置き"広がる、レゴやウォルマートでも採用 | Mogura VR

ARを使った商品の"試し置き"広がる、レゴやウォルマートでも採用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)TechCrunch


バーチャルガールズグループ「VALIS」1stEPリリース 初公式グッズも

2020/11/06 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

AGFあおぞらマルシェに「ホロスターズ」「アイムソラ」など男性VTuber出展

2020/11/06 12:00 ホロライブ