デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ウォルマート、Oculus Goを17,000台導入 従業員のVRトレーニングに利用

米国の小売大手のウォルマートは、従業員向けのVRトレーニングを導入しています。同社がトレーニング用に、17,000台の一体型VRヘッドセットOculus Goを購入したことが明らかになりました。

Oculus Goは、全スーパーセンターに4台ずつ、各地の小型店舗に2台ずつ、年内に配布される予定です。ウォルマートによれば、デバイスを使って「新技術、共感のようなソフト面のスキル、カスタマーサービス、コンプライアンス」に関するトレーニングを行えるということです。

講師が不要のVRトレーニング

ウォルマートは2017年から、スポーツトレーニングでのVR活用を提案しているSTRIVR Labsと提携してVRによる従業員教育を進めています。今年の夏には、来店者が事前にオンラインで注文した荷物を受け取る”Pickup Tower”の使い方を学ぶトレーニングを試行しました。

ウォルマートは自社のブログの中で「VRのおかげで、実際にタワーが設置される前からトレーニングを行うことができました。講師も必要ありません」と記しています。

300万ドル規模の投資、その効果は

今回の教育への投資規模は、約200ドルのヘッドセット17,000台で約350万ドル(約3.9億円)。これにSTRIVRのトレーニングプログラム費用が加わります。ウォルマートのような規模の企業にとっては、非常に大きいコストというわけでもありません。同社のVRトレーニングが成功を収めれば、他の企業でも追随する動きが出て可能性があります。

via Gfycat

また従業員がOculus Goに触れてVRトレーニングを楽しむことにより、その魅力に気づくという効果も期待されます。

もし店頭でVRヘッドセットを販売するようなことになればウォルマートの店員は自分のVR体験を来店客に話し、魅力を伝えることが出来るでしょう。

VRに関するウォルマートの取組は、こちらの記事でも紹介しています。

自宅にいながら店舗を歩く ウォルマート、VRショッピングに関する特許申請 | Mogura VR

自宅にいながら店舗を歩く ウォルマート、VRショッピングに関する特許申請 | Mogura VR

MoguraVR

VRで小売を変える ウォルマートがアイデアを募集 | Mogura VR

VRで小売を変える ウォルマートがアイデアを募集 | Mogura VR

MoguraVR

ウォルマート、VRスタートアップを買収 新しいECの可能性を追求 | Mogura VR

ウォルマート、VRスタートアップを買収 新しいECの可能性を追求 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


「スペチャンVR」はオリジナルストーリー&ステージも展開! PSVR版体験レポ【TGS2018】

2018/09/21 18:30 ゲーム・アプリ

【PSVR】ガンコン対応FPS「アンアーシング・マーズ 2」発売

2018/09/21 18:30 ゲーム・アプリ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集