デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Vuzixのスマートグラスがビデオ会議サービスに対応、視界の共有も

AR技術やスマートグラスを扱うVuzix Corporationは、同社のスマートグラス「Mシリーズ」および「Blade」が、ビデオ会議サービス「Zoom」に対応したことを発表しました。スマートグラス用のアプリがVuzixアプリストアにて公開されています。

Vuzix社は視界に情報を表示することのできるスマートグラスを開発・販売している企業です。同社の「M400」をはじめとする「Mシリーズ」は主に産業向けとして展開されており、「Blade」はコンシューマー向けモデルとしても展開されています。

スマートグラス「M400」が国内出荷スタート、約21万円 | Mogura VR

スマートグラス「M400」が国内出荷スタート、約21万円 | Mogura VR

MoguraVR

スマートグラス「Vuzix Blade」コンシューマ向けモデルが約1,000ドルで発売 | Mogura VR

スマートグラス「Vuzix Blade」コンシューマ向けモデルが約1,000ドルで発売 | Mogura VR

MoguraVR

今回「Zoom」に対応したことにより、Zoomユーザーは、スマートグラスの「Mシリーズ」または「Blade」を利用して、遠隔地にいるチームメンバーとコミュニケーションしたり、ハンズフリーで会話したりなどの業務サポートが可能になります。スマートグラス上のカメラからリアルタイムで提供される視界を共有することもできます。アプリは1対1だけでなく、1対多数の接続にも対応しています。

(参考)Vuzix Corporation プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

AKB48柏木由紀も大興奮、VR動画アプリ「LiVR」の実力は?

2020/01/28 19:30 VR動画

渋谷を巡り超難問に挑め!「PSYCHO-PASS サイコパス」ARゲームレポート

2020/01/28 19:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集