デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

フィンランドのソーシャルVR企業が約4.2億円調達、研修や教育にも

投資

2019/11/15 19:30

Oculus CTOカーマック氏、同社の顧問職へ。一線退くことを明言

業界動向

2019/11/15 12:00

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

AR/MR

2019/10/27 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国で大きなシェアを持つVTuberシステム「VT」国内発売

中国発のVTuberシステム「VT」が、日本で販売をスタートします。本システムはエンジニア不要、3DモデルのVTuberの撮影や配信が可能です。企業または個人での利用ができ、価格は年間契約で250万円(税込)となります。

3DVTuber用企業向けツール、モーキャプシステムは別途必要

「VT」は3DモデルでVTuberを運用する企業向けのツールです。1アカウントで最大5キャラクターまで使用でき、VRMモデルにも拡張子変更で対応しています。また、3Dアイテムのや背景などのアセットも標準で搭載されているとのこと。

本システムを利用する場合は、モーションキャプチャーデバイスが別途必要です。対応デバイスは「Noitom」「Perception Neuron」「virtual power」「青瞳(※中国のデバイス)」などです。今後は「OptiTrack」やレーザー式への対応も予定されています。

中国で大きなシェアを持つ

日本国内の「VT」担当者は、「中国の動画サイト『bilibili』で活動している中国のVTuberの50%以上、動画配信プラットフォームの『TikTok』でリアルタイム技術を使用するバーチャルアバターの70%以上が本システムを採用している」とコメント。さらに「パートナー企業100を超え、200以上の実績を持っている」としました。

現在、「VT」の販売に関する相談を受け付けており、順次契約を開始しているとのこと。「VT」に関する問い合わせは「[email protected]」から。

(参考)Twitter



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

海外アーティストが南極への旅をVR化、ドローンやモーキャプ駆使

2019/10/03 12:00 ゲーム・アプリ

にじさんじがこの冬を熱くする!両国国技館ライブなど大型企画を発表

2019/10/03 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集