デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

チェコのスタートアップVRgineersは、CES 2020にてハイエンドVRヘッドセット「XTAL」の次世代版を発表しました。このモデルは米空軍での採用が予定されています。

プロフェッショナル向けVRデバイス「XTAL」

VRgineersは、プロフェッショナルや企業向けのVRヘッドセット「XTAL」を開発しています。現行モデルは5Kの解像度(片目で2,560×1,440)に加え、ハンドトラッキングを採用。コントローラを使わないVR体験を特徴としています。価格は5,800ドル(約64万円)。2018年12月に、視野角180度を実現したバージョンが発表されたほか、2019年6月には同VRヘッドセット向けのARモード切替のモジュールがお披露目されました。

https://www.youtube.com/watch?v=tQlmQ059QDk

次世代モデルは8K解像度実現

CES 2020で出展された次世代版の「XTAL」は、8K解像度(片目4K)のディスプレイ、180度の視野角(FOV)、最大210FPSまで対応したアイトラッキングといった新たな特長を有します。

CEOのMarek Polčák氏は、「XTALユーザーは最高のVRソリューションを期待している」と述べた上で、「当社のソリューションは最新のNVIDIA RTXに対応し、VirtualLink規格を備えています。最新世代のVRヘッドセットXTALはこれらのニーズに応え、8K解像度を持つ唯一のソリューションです」と自信を見せました。

VRgineersによれば、現行のXTALは様々な用途で導入されており、その中には軍事訓練も含まれるとのこと。多くの米空軍基地で、パイロットのトレーニングの一環として採用されています。

さらにオクラホマ州のバンス空軍基地では、次世代XTALの採用を予定。同社チームは、米海軍及び海軍航空システム・コマンドの研究開発イニシアティブに参加し、次世代のパイロット向けVRトレーニング開発に取り組むといいます。

現行モデルハンズオン等の最新情報

CES 2020でのXTALに関する情報は下記の記事で紹介しています。

企業からの注文が急増中、チェコ発の高性能VRヘッドセット「XTAL」インプレッション | Mogura VR

企業からの注文が急増中、チェコ発の高性能VRヘッドセット「XTAL」インプレッション | Mogura VR

MoguraVR

8Kディスプレイ搭載 VRヘッドセット「XTAL」の次世代版がCES出展 | Mogura VR

8Kディスプレイ搭載 VRヘッドセット「XTAL」の次世代版がCES出展 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【ドラゴンクエストウォーク】「メタルフェスふくびき」期間限定で実装

2020/01/14 19:00 ゲーム・アプリ

VTuberかしこまり、初のVRライブ「MARism Vol.4」開催

2020/01/14 19:00 VTuber 最新ニュース一覧