デイリーランキング

Nianticが3Dマップの新たな生成技術を発表、LiDAR等を使わずスマホカメラのみで利用可能

テック

2021/07/21 18:30

ある大学が多額の寄付金を使って学生用のVR施設を作ったことを明かす

活用事例

2021/07/22 20:00

注目のXRデバイスやソリューションが集結、XR関連企業多数出展「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2021 TOKYO」7月28日から開催

セミナー

2021/07/21 08:00

エピックゲームズ、3Dコンテンツ共有プラットフォームSketchfabを買収

業界動向

2021/07/22 19:30

あの「ドリトス」がARキャンペーンで大成功。1,100万人以上にリーチ

活用事例

2021/07/21 19:03

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRヘッドセットXTALの新バージョン より広い視野角を実現

企業向けのVRヘッドセットを開発する、チェコのスタートアップVRgineersが、2018年6月に発表したVRヘッドセット、XTALの新バージョンを発表しました。新バージョンのXTALは、2枚の非フレネルレンズを採用し、より広い視野角(FOV)を実現します。

2019年のCESに出展予定

VRgineersが開発しているXTALは、プロフェッショナルと企業向けのハイエンドVRヘッドセットです。5Kの解像度(片目で2,560×1,440)。Leap Motionを使うことでハンドコントローラを必要としない、赤外線によるハンドトラッキングを特徴としています。価格は5,800ドル(約64万円)です。

新バージョンのXTALは、新レンズの採用により以前のバージョンから10度拡張された、180度のFOVを実現しました。Oculus RiftやPlayStation VRの110度というFOVと比較すると、70度広くなります。新バージョンのXTALはFOV拡張の他にも、ディスプレイに映る映像のねじれ解消、アイボックスサイズの20%の拡張などを実現しています。

VRgineersの最高経営責任者(CEO)で共同創立のMarek Polcak氏は「我々は、これまで掲げてきた現実世界とVRの境界線の打破という、ゴールに近づきつつあります」と新バージョンのXTALについてコメントしています。

新バージョンのXTALは、2019年にラスベガスで開催される、家電見本市Consumer Electronics Show(CES)で行われるプレスイベントに出展されます。

VRgineersによると、旧型のXTALを保有する企業やユーザーを対象に、新型レンズへの交換プログラムが実施されるとのことです。レンズの交換は無償で行われます。

高解像度、視線追跡、外部センサー不要 企業向けVRヘッドセット「XTAL」 | Mogura VR

高解像度、視線追跡、外部センサー不要 企業向けVRヘッドセット「XTAL」 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


ARグラス開発のWaveOptics、2,600万ドル資金調達 製品化照準

2018/12/13 11:30 投資

画像から触覚再現、エラ呼吸体験システムなど独創的な展示が光るSIGGRAPH Asia 2018 体験ブースレポ(触覚編)

2018/12/13 11:30 テック