デイリーランキング

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HTCのリモートワーク支援バンドル「VIVE XR Suite」がリリース

HTCは、企業向けのアプリバンドルVIVE XR Suiteをリリースしました。リモートワークやコラボレーション支援に役立つ、5つのアプリがセットになっており、ビジネス用途での導入を促します。

一度のサインインで5つのツールへ

「VIVE XR Suite」は、エンタープライズ向けのVRアプリケーションのバンドルです。ユーザーは一度サインインするだけで、下記5つのアプリを利用できます。

・VIVE Sync
利用するアプリ:VIVE Sync
用途:ミーティング

・VIVE Campus
利用するアプリ:VirBELA
用途:バーチャルオフィス

・VIVE Sessions
利用するアプリ:ENGAGE
用途:講義

・VIVE Social
利用するアプリ:VRChat
用途:SNS

・VIVE Museum
利用するアプリ:Museum of Other Realities
用途:展示

無料機能が使えるバージョンの他、1アカウント当たり30ドル/月(年払いの場合は250ドル/年)からの定額利用プランも。またHTCによれば、複数アカウントを保有できるエンタープライズライセンスも用意されているとのこと。こちらの価格は要問合せとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=bbPgzj4_jME

アプリ内容には重複も

複数アプリの一括導入をメインに打ち出している「VIVE XR Suite」ですが、その内容には疑問符もあります。

一例を挙げると、アプリ間の機能にはかなり重複が見られます。2020年10月時点の公式Webサイトでも、「教育用途はVIVE Sync、VIVE Campus、VIVE Sessions」と複数のアプリを並べており、アプリと用途が一対一対応していません。確かにそれぞれが「教育用にも使える」ことは間違いないのですが、バンドルする意味合いがやや薄く感じるケースも多々ありそうです。

これについて、米メディアUploadVRは、「現状の『VIVE XR Suite』はまだ初期段階であるように思われる。我々は『VIVE XR Suite』から、個別アプリの総和以上の効果が得られる日を待つ必要がある」としています。

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

MoguraVR

"人の眼レベルのVR"のVarjoがリモートワーク支援へ。VRコラボツール企業と提携 | Mogura VR

"人の眼レベルのVR"のVarjoがリモートワーク支援へ。VRコラボツール企業と提携 | Mogura VR

MoguraVR

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

【ドラクエウォーク】「おかしな集い封印されし悪魔」がスタート!

2020/10/23 11:45 ドラクエウォーク

Oculus Quest 2の販売ペースは「初代Questよりも速い」。ディレクターがコメント

2020/10/23 11:45 業界動向
VR/AR/MR 用語集