デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米空軍、隊員の自殺抑止にVR導入 カギは「音声でのやりとり」

米軍では消防や医療トレーニング、実戦など様々な分野にVR/ARが導入されています。今回新たにVRトレーニング導入を進めるのは、アメリカ空軍。その目的は、増加する隊員の自殺抑止です。

相手の問いに答え、自殺を防ぐ

2021年2月、トラヴィス空軍基地の上層部のメンバーらは、自殺防止目的のVRトレーニングテストフェーズに参加しました。30分間のトレーニングプログラムで、参加者は自分が接している相手を落ち着かせ、助けになることを目指します。

相手は精神的な苦痛を示しており、参加者に複数の質問を投げかけ、助けを求めてきます。ユーザーが回答を探す際には専門のコーチがサポートし、何をどのように答えれば良いのか、その理由は何か、理解を促します。

特長は「声に出してセリフを言う」こと

同空軍基地のVR導入担当者によれば、このトレーニングの特長は「音声で回答するため、これまで言う必要もなかったようなセリフを、大声で言わなければならない」こと。隊員同士で行うロールプレイングといった従来型の学習では、強く伝えるべき内容を、特段大声で言うこともありませんでした。

しかしこのVRトレーニングではシナリオを進めるために、「家に銃を持っているのか?」「自分を傷つけようとしているのか?」等のセリフを、実際に口に出してはっきり言わなければなりません。

アメリカ合衆国国防総省のデータによると、空軍兵士10万人当たりの自殺者数は、2018年の18.5から2019年には25.1まで上昇しています。このような悲惨な状況を打破するものとして、VRトレーニングに熱い視線が注がれています。

様々な分野で導入進む

米軍でのVR/AR活用事例はこちらの記事で取り上げています。

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

MoguraVR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

MoguraVR

アメリカ軍のMRデバイス「HoloLens」導入は順調、実戦投入は2021年 | Mogura VR

アメリカ軍のMRデバイス「HoloLens」導入は順調、実戦投入は2021年 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)U.S. AIR FORCEVRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

任天堂とナイアンティックが“ゲームとは異なる”ARアプリを共同開発へ 第1弾はピクミン

2021/03/23 11:31 AR/MR

米スタンフォード大と高齢者向けVR企業が共同研究、心理的影響など探る

2021/03/23 11:31 業界動向