デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARで航海を安全に、東亜建設工業が作業船向けARナビ開発

建築設計や重電・産業用電気機器などを手掛ける東亜建設工業株式会社は、カメラで撮影した映像上に各種情報をAR技術でリアルタイムに表示することにより、作業船の航行をナビゲーションする「ARナビ」を開発しました。

航路や標識のない現実の海上映像に航路情報などを現実に重ねて表示することで、航行経路や針路を認識して安全に航行できるほか、船上から目視確認が難しい浅瀬の位置や航行禁止区域を容易に把握することができます。

カメラ映像上に他船舶の位置や危険個所表示、航海を安全に

「ARナビ」は、カメラで撮影した映像上に「航行経路・危険エリア・他船舶の動静等」をARで表示し、船舶の操船者に視覚情報と音声情報で分かりやすくナビゲーションするシステムです。

本システムは、GNSS方位計(位置方位情報)、カメラ(映像情報)、ノートPC(ソフトウェア)の機器構成なので、様々な船舶へ容易に搭載可能となっています。また、監視レーダーやAISにより他船舶の情報も取得できるとのこと。


(「ARナビ」機器構成図)

また同社は、本システムの用途を船舶に限らず「大規模造成工事の陸上現場において、工事用車両に本システムを搭載することで日々変化する現場の通行ルールなどの複数の情報を運転手に分かりやすく提供することも可能」としています。

今後は、一般航行船舶が多い海域での港湾工事を中心に本システムを導入し、検証を重ねてカメラ映像の動揺低減や、AIを用いた小型船舶・浮遊物の検出など、機能拡張を図っていくとのことです。

(参考)東亜建設工業株式会社 プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VTuberによるアニソンフェス「Vアニ」が開催決定 樋口楓・YuNi・富士葵らが出演

2019/06/27 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

楽天が8KVR映像や“バーチャルサッカー体験”のできるイベント開催、7月31日から4日間

2019/06/27 18:00 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集