デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

パソナグループとAVITA、協業でアバター人材雇用創出プロジェクトを開始

業界動向

2021/10/26 19:00

「第一回全国VRコンテスト TOUCH JAPAN」が開催。「日本」を世界に発信する360度動画を募集

業界動向

2021/10/27 11:30

HPの「Reverb G2」改良版が発表。トラッキング性能やAMD製GPUとの互換性改良へ

業界動向

2021/10/25 11:30

フェイスブック、XR分野への投資は2021年単体で1兆円以上 翌年以降さらに加速へ

業界動向

2021/10/26 14:24

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRでもARでも参加可能なVR会議システム 開発企業が9億円調達

米国に本拠地を置くスタートアップのSpatialは、シードラウンドで800万ドル(約9億円)の資金調達を行ったことを発表しました。同社が手がける、AR/VR空間を共有して会議や作業を行うプラットフォームの開発を進めます。

同じ空間にいるようにコミュニケーション

Spatialは、複数のユーザーがAR/VRヘッドセットやPCで空間を共有し、会議や作業を行うプラットフォームを開発しています。離れた場所にいても、同じ空間にいるかのように共同作業を行うことが可能です。

ユーザーは、マイクロソフトのHololensやMagic Leap OneといったARデバイス、各種VRヘッドセットを使って参加します。ウェブカメラを通じて参加者のアバターが生成され、同じスペースに出現。また、ヘッドセットを持たないユーザーも、PCやスマートフォンを使って参加が可能です。ウェブカメラで撮影した参加者の映像が空間に浮かび上がり、本人はブラウザ上で3D映像を確認することができます。お互い同じ空間にいるような感覚で、コミュニケーションを取れるというものです。

PC画面の映像をリアルタイムで空間に映し出したり、作業空間内に配置したオブジェクトなどを、次回のセッションまで保存することもできます。

https://www.youtube.com/watch?v=PG3tQYlZ6JQ

利用はHPから申込

オブジェクトをドラッグアンドドロップで直感的に操作できたり、異なるヘッドセットやVRデバイスを持たないユーザーでも一緒に参加できたり、といった使いやすさがこのプラットフォームの魅力です。アプリケーション利用には、Spatialのウェブサイトから申し込みが必要になります。

VRを使って遠隔地と会議を行うシステムとしては、他にも日本で株式会社Synamonの「NEUTRANS Biz」なども展開中です。Mogura VRでは多くの事例を紹介しています。

ホロラボとイトーキ、HoloLens活用の遠隔会議システムを開発 | Mogura VR

ホロラボとイトーキ、HoloLens活用の遠隔会議システムを開発 | Mogura VR

MoguraVR

VR会議システム「NEUTRANS」のビジネス向けサービスが開始 | Mogura VR

VR会議システム「NEUTRANS」のビジネス向けサービスが開始 | Mogura VR

MoguraVR

遠隔地とVR会議 複雑なデザインやイメージを直感的に共有 | Mogura VR

遠隔地とVR会議 複雑なデザインやイメージを直感的に共有 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VRVRScout
Mogura VRはRoad to VR、VRScoutのパートナーメディアです。


キズナアイ、9週連続でオリジナル楽曲配信決定 年末には東京・大阪で単独ライブも

2018/10/26 11:00 VTuber 最新ニュース一覧

中国・江西省、AR/VR向けに500億円規模のファンド設立

2018/10/26 11:00 投資